覚悟を決める。

 本日、「いけばな」のお稽古に正式に入門することを決めました。顕在意識では、いけばなをやりたいと言うよりも、自分の仕事を一生かけてやられている巨匠から、直接お話を伺いたいと思ったことがきっかけだったので、この決定に覚悟がいりました。土曜日はセミナーをやることが多いので、どうしようというのもありました。それでもこの機会が必要だと、自分の内側はわかっているようです。




 74歳の巨匠から教わるので、なんていうのでしょうか、映画界でしたら「クリーンスト・イーストウッド」に気軽に話せない空気感でしょうか。(笑) ヨガをご一緒する時は気軽に話せるのですが!私は教わるとき黙って聞いているだけです。緊張はしていないのですが、何も言えない感じです。しかも、「厳しいことも言います」と、事前におっしゃられています。師匠と弟子という関係は、子供時代の書道以来です。40代になって、教えてくださる方と出逢えたことが、とても幸せなことだとも思い始めました。

 家に帰り、いけばなに試行錯誤しながら、「これまでの自分とは違うことをしている」ことにはたと気づき、一度死んだ気分になりました。(笑) 1月は「無の境地」になりましたが、それ以上進みました。そして人生で、そんな心境になったことが何度かあったことを思い出しました。そういう決断のときのほうが、未来が大きく変わるときです。

 ちょうど目の前に、本日咲いたハイビスカスが目に入り、生まれ変わりを告げているように見えました。


0コメント

  • 1000 / 1000