なぜ、メモをとっていないのに覚えていられるんですか?

 「ほとんどメモしていなかったのに、よくフィードバックシートも書けますよね!しかも、私が言った言葉のとおりでした」と、よくクライアントさんに言われます。
 一方で、1D1Uの今日の振り返りのところを書こうとしても、思い出せないというクライアントさんがいらっしゃいました。書く時間を寝る前に作りたくても、子供を寝かしつけるときに、そのまま自分も寝てしまうそうです。

 記憶の定着、何が違うのでしょうか?

 私は感じたことをフィードバックしました。「今を生きていないから、思い出せないんですよ。同時にほかのことも一緒に考えていたりして、脳がストレスフルになっているんです。だから、子供と一緒に寝てしまうんですよ。ご飯を食べながらTVを見るとか、同時にしていませんか?」

「そうです!いろいろと同時にこなした方が効率的と思っていました」

「今日決めたことをただやるために、明日の予定が見えない作りにしているのは、まさに今を生きるためなんですよ。だから、1D1U手帳を21日間、とにかく使ってみてください!」


 同時にこなすことが効率的でいいことも時にはありますが、日常生活を幸せに生きていくためには、やはり「1つのことに集中する」ことが大事なことなのではないかと思います。

 
 聴いているときに、他のことを考えていたら、100%聴けているとはいえません。2つのことを同時にしていることになります。何かをしながら常に雑念が浮かんでいては、吸収力も落ちるのです。そうすると、今日1日のことを振り返ろうとしたときに、あまり覚えていないことになるのです。


 私は英会話レッスンのとき、メモを取らないで聴くことに徹しています。そして、あとから音声を何度も聞くようにしています。繰り返して聞けば、自然とネイティブがよく使う言葉なども覚えてしまうのです。例えていうなら、レッスンを受けながら、同時に単語帳を作らないことです。私のレッスンの受け方は、負荷をかけながら、ただ続けていくことを繰り返しているだけです。

 また、1つのことに集中する過ごし方ができるようになると、脳が疲れないから、生産性がアップしますし、明日に引きずらないのです。そうすると、時間に余裕ができてきて、瞑想の時間も運動の時間もとれるようになって、ますます自然と効率的になっていくのです。「どうすれば、覚えていられるか?」は、今を生きれば、自然と記憶力がよくなるということなのだと思います。
 

★感想を頂きました。 
FBシートありがとうございました。20分セッションでも作成して下さるのですね!感動です。今を生きようと思っていてもずっとできている気がしなかったのですが、今日のセッションで原因がはっきりして、納得!! でした。心がクリアになった感じです。今日セッションが受けられてほんとよかったです。教えて頂いた本も早速読もうと思います。ありがとうございました。

 20分のフリーセッションでもフィードバックシートをお送りしているのは、1つ1つのセッションの体験を無駄にしないためです。そしてブログにも言語化して振り返ったので、記憶に定着し、次のクライアントさんで同じようなケースがあったときも、ソリューションを提供しやすくなるのです。

0コメント

  • 1000 / 1000