★6月の質問「あなたの未来を頭の中のスクリーンに映し出してみませんか?」

つまらない映画やネガティブな映画は好きですか? もちろん違うでしょう。さあ、目を閉じて、美しい映画を観ましょうか! 
Do you like boring, negative movies? Of course not! So let’s try to see beautiful movies when we close our eyes. 

  私のネイリストさんは、毎月私の家に来てくださいます。いつも施術の2時間はおしゃべりです。ここ1年間は、彼女の結婚式場の相談からドレスの相談まで受けていました。まるで、ウエディングプランナーにでもなったかのように、私の脳内で結婚式の映像が毎回上映されていたのです。毎度、話に花が咲いていました。


 My nail stylist comes to my house to do my nails every month. It takes two hours so we talk. For about a year, she asked me to give some advice on her wedding dresses and a place, etc. As if I was a wedding planner, I saw images in my mind like a movie every time we talked. Our conversation always became very animated.  

 ついに結婚式当日が来ました。「挙式前、ホテルロビーで写真撮影をしているので、是非見に来てください」とネイリストさんに言われていたので、写真教室に通っているクライアントさんと一緒に行きました。たまたま、東京にいらしていたのです。
 
 The day finally had come. She said that I should go to see her taking photographs at the lobby of the hotel before her wedding ceremony so I went there with my client who takes photo lessons, because she came to Tokyo by chance. 
 ホテルロビーに入ると、可愛らしい花嫁さんが見えました。愛と幸せに満ち溢れているようでした。
  When we entered the lobby, we saw a lovely bride. She seemed to exude love and happiness. 

 夜になり、私はもう一度花嫁さんを写真で見ました。写真もとても美しく撮れていました。クライアントさんは写真の腕を上げたようです。そのとき、私の目に突然涙が溢れてきました。なぜだかわからないけれど、とても感情的になっていました。
 I looked at her again in the photos that night. Those were also beautiful. I thought my client had improved her skills a lot. And then tears suddenly welled up in my eyes. I couldn’t understand why I was so emotional. 
 
 私の脳内イメージが現実化したから涙がでたのでしょう。人の夢なのに心満たされていました。私の仕事は人の映画を脳内でイメージし、現実化をサポートすることなのだと気づいたのです。
 
 Then I realized the images in my mind had become reality. Though it wasn’t my dream that come true, I was very moved. I realized my job is making someone’s movie in my mind and it will become reality.  
 今月の質問です。
「あなたの未来を頭の中のスクリーンに映し出してみませんか?」
The monthly question is, “Why don’t you imagine your future like a movie?”


0コメント

  • 1000 / 1000