"The Universe was talking to me." 未来が決まっていた私の体験談。

 メンタルトレーナーとのUTM ワークショップが、参加者の方に大好評なため、Epi.2を開催することにしました。ワークショップ形式なので、1に参加した人でないと2に参加できないという形になるので、今後、グループセッションみたいな形で、個別にやっていくことも考えていきたいと思っているところです。

 2の準備のため、ふと"The Universe is talking to me." と検索してみました。すると英語圏の方が、まったくそのタイトルだったり、似たようなタイトルで語っているブログや動画などが結構出てきました! いくつか動画を視聴してみると、「直感、エンジェルナンバー、シンクロニシティー、瞑想、宇宙と同調する」など、よく言われる話でした。そういうことに興味のある方なら、知識は知っていると思いますが、UTMワークショップの中では、さらに細かく分析をしていったときに、直感って、本当に無意識なんだなと驚きました。無意識すぎて直感を得た瞬間というのは、驚かないので。(笑) ところで、先日のUTM EVENTの抜粋動画はお聞きになりましたでしょうか?

 私がアパレルに転職するときのシンクロニシティについて、浩美さんが分析をしているワンシーンです。あとからさらに気づいてしまったことがあったのです?!

 まだ雑誌が主流の2002年でしたので、転職情報誌とらばーゆを買い、ふと「アパレルも見てみよう」と思って、「マネジメントできる方募集」とのキャッチコピーで、応募したところに内定をもらいました。そこ以外は応募すらしていません。1発で決まりました。だって運命でしたので。

 入社後、2か月で銀座店の店長になり、3年後、人気ブログランキング1位になり、大幅セールスアップの未来になりました。そうなることは決まっていたというわけです。その証拠があります。

 それは、ふとスクラップをしたファッション誌のある特集でした。スクラップなんかしたことない私でしたが、なぜかスクラップ帳を買っていたので。

 「モデルのSHIHOさんが、リステア東京の店長」という架空の設定の記事だったと思います。SHIHOさんのことは素敵だなと思っていたのと、お店が銀座にあって、近いからいつか行ってみたいなと思い、思わず切り取ったのです。

 そのことにアパレルの面接が決まったときに、「あ!」と気づいたわけです。「あのスクラップしていた店だ!」と。驚きました。しかも、その2か月後に私は「リステア東京の店長」になっていたのです。私が店長になる未来が決まっていることを、宇宙は前もって知らせてくれていたということに、改めて驚きました。それを私はキャッチしていたのです。

 というように、サイン攻めにあうにはどうしたらいいのか? Epi.2で考察できたら面白そうです。浩美さんもまさかEpi.2をするなんて、思ってもみなかったそうで、そこもびっくりしているところです。なんだか、すごくなりそうです。


 

0コメント

  • 1000 / 1000