UTM EVENT Epi.3開催レポート!

 昨日は東京のUTM EVENT Epi.3開催しました。大阪で開催したのが10月。東京はいつにしようかしらと思っていたら、参加者の方から「いつですか?」と、催促していただきまして、(笑)LINEで日程調整をして、たまたま新月の開催となりました。いつしか、募集しないセミナーばかりになってしまいまして、浩美さんが、「え?!このセミナーって、募集してないの?」と驚きの顔をされていました。今さら!(笑)

 そもそも、会社設立10周年のタイミングで、「何か手伝うよ」と言ってくださったことが始まりだったのですが、気づけば9カ月あまりで6回開催したわけです。結果に捕らわれず、「面白そうだからやってみよう!」という気持ちだけでした。

 昨日は、Epi.3でテーマは、「嫌い」でした。ネガティブなことが起きたときに、どう捉えると切り替えることができ、次からの選択の連続はどのように流れていくのか? ということを、私と浩美さんのエピソードで解説しました。

「嫌い」というテーマを決めた翌日に、浩美さんは足の小指を剥離骨折! 私は10月の最初に「まさか…」ということがありました。

 しかし、二人とも翌日には受け入れて、切り替えたことで、その流れの最後に「ラッキーでしたね!」となぜか言われるというオチが。私もこの体験をシェアすることによって、皆さんにも教訓になったでしょうし、二人ともネガティブがこうしてネタになっている。(笑)

 私のようなアクシデントに見舞われたとき、モンモンとして終わる人だっていると思うのです。または、受け入れたあとに行動もしていかなくてはいけないところがいくつもあるのですが、その行動を途中でやめる人だっていると思うのです。しかし、その行動を最後までとってみた人には、どんなことが起きてくるのでしょうか? 

 行動をしてきた人のリアルなストーリーを分析して、浩美さんがガラスのホワイトボードに図にして解説していきました。

「あー失敗した」でモンモンが長く、それ以上何もしない人よりも、受け入れた直後から、ただ行動をしている人は、何も考えずにつぎの行動へただ移っていることが分かりました。だから、解決も早いということが詳らかになって、皆さん、とても腑に落ちたようです。「そこが違うのか!」と。

 そして、行動をするときについてくるのは、「選択」です。いろいろな選択肢が考えられると思うのですが、ただ行動している人と、期待する結果のために行動する場合、調べる段階からもう違うのです。その地点から、宇宙にどんなオーダーを出しているのか? もう決まってしまうんでしょうね。浩美さんの詳細な解説に、皆さん目から鱗が落ちまくっていました。

 最後に自然に皆さんが、感想を言ってくださった3分間の音声を抽出しました。

【皆さんご感想】

・他では感じたことのない理解の仕方になる。・頭の理解じゃないんですよね。・本とかネットとかではわからないことが、ここに来ると分かるというのがあります。・本で読む、ほかで理解を得る、さらにその奥。その距離がかなりあるんですよね。生きている間にたどりつかないだろうと思っているところに、辿り着くんですよね・・・・

 本編後、ディナータイムとなりました。スパークリングワインで乾杯し、これまで3回出席されてきた皆さんなので、「不思議なご縁ですね~」といいながら、美味しすぎるパスタやピザなど味わいました。

 さらにそのあと、私の家でコーヒータイム&旅のアルバムを色々とお見せして、その枚数1000枚近くあったんじゃないかな?いつもそうですが、濃すぎる3次会となりました。14時から21時半解散です。

 あまりに盛り上がりまして、「UTMのラインスタンプ作ろうかな!」と懇親会で思いついたので、早速作っています。LINEスタンプって限定発売もできるそうなので、UTMの人たちだけで使えるように申請予定です。ファンには嬉しいスタンプとなるでしょう。(笑)


 そして、お待たせいたしました! いよいよ初めてUTMのセミナー告知をしたいと思います。(笑)春くらいにUTM Highlights開催したいと考えています。浩美語録が心に響くものばかりですので、(笑)別冊でつくりたいですね。その前に、大阪バージョン2/15開催します。大阪の皆様ご案内ページをまもなく作りますので! 

 参加者の皆さま、本当にありがとうございました。次はHighlightsをお楽しみにどうぞ。


0コメント

  • 1000 / 1000