★メタ認知の技術。或いは、「そーなんだ」バスターズ。The art of meta-cognition. or I see buster!

「あなたは、そーなんだ~ウイルスですか? 検査してみましょう。無症状かもしれませんよ」
「へー。そーなんだ~」
「なにが、そーなんだなの?」

"Do you have the I-see-virus? Let’s get tested! You might have it and not know it." 
“Oh, I see? " 
"What do you see?”



 Live session メルマガに変更してから、4本音声をリリースしました。数名の読者の方よりご感想をいただいています。皆さん、自分自身に落とし込みやすくなったようで、何よりです! 以下はご感想です。

Since I’ve transformed into a live session newsletter, I’ve released four audio clips and I've received feedback from some readers. I'm glad to hear that everyone seems to be able to absorb the theory more easily! Here’s one of the comments.

・・・・・

Live Session Lesson3聴きました。普段私自身が「そーなんだ」ということが多いせいか、1番目の会話にあまり違和感を感じませんでした。でも2番目の会話を聞くと、こんなにも会話の流れが違うのかと驚きました。

I listened to Live Session Lesson 3. I didn't feel strange about the first part of the conversation, probably because I'm usually the one who says, "Oh, I see” but when I listened to the second conversation, I was surprised at how different the flow of the conversation was.
 
隊長の友人の方が、自分も会話の出来事をイメージして一緒に楽しむのを心がけている、とおっしゃっていたのが印象に残りました。

What impressed me most was that your friend said, “I try to imagine the speaker’s episode in my mind and enjoy it together.”
 
いつも「あ、そうなんだ」と言っているだけでは、会話を楽しんでいたことが他の人には伝わらないかもしれません。私の答え方が会話の良し悪しに影響しているのでしょうね。次のメルマガも楽しみにしています!

If I just say "Oh, I see" all the time, the speaker might not understand that I was enjoying the conversation. I guess my way of answering affects whether it is a good conversation or a bad conversation. Looking forward to the next newsletter!

・・・・・

 傾聴力の知識について執筆したり、Zoomでレクチャーしてきましたが、実践に移すとなるとなるとなかなか難しいというお声をいただきました。本を読んで、動画を観て「理解できた」は、頭で理解できたにすぎません。それをやってみるとか、人に説明するときにはじめて、「あれ、ちゃんと分かっていなかったんだ」と気づくのです。

 I've been giving lectures on listening skills through writing and Zoom, but I’ve heard from readers that it's not easy to put it into practice. When you read a book or watch a video, you only understand it in your head. Only after trying it out or explaining it to others, you realize that you didn't understand it properly.
 
 もう一つ、気づける方法としては、「自分を俯瞰して見る」ことです。それをメタ認知と言います。 「どうしたらメルマガ読者の方が、実践に結び付けられるのだろうか?」と考えたところ、英会話の先生に「生徒と先生が出演する方法はわかりやすい」とアドバイスをもらいました。

 Another way to become aware of it is to look at yourself from a bird's eye view. That's called meta-cognition. I’ve been thinking, "How can readers put into practice what they had learned?“ And my English teacher advised me like this, “A really easy way to learn is when listening to a teacher teaching a student.”
 
 さらに「メタ認知」という手法を掛け合わせることによって、『セッション』音声配信が出来上がりました。読者の方の感想は、まさに「メタ認知」できたことを表しています。「理解したつもり」の状態からから脱したようです。

 And by multiplying the “meta-cognition" method, I have created "Live session" audio clips. The feedback from her is that she can truly do "meta-cognition". It sounds like she’s had a breakthrough from “I thought I understood to “true understanding.”
 
 読者の方がブレイクスルーしたように、私もブレイクスルーしましたね。
She had a break through and so did I. 
 
*・゜゜・*:.。..。.:*・゜
■編集後記

“I see? " "What do you see?”
これは英会話の先生が考えたフレーズです。皮肉なジョークで笑ってしまいました! 日本語訳はどうしたらいんだろう?と思い、私のコーチに話してみると、「『なるほど』が口癖の人に『何がなるほどなの?』と質問するのと同じ」と言われました。だいたい、話をちゃんと聴けていない人のほうが多いですからね。たまにこんな切りかえしをして、検査してみるのもありかもしれません。(笑) 
 

0コメント

  • 1000 / 1000