0円からお金を生み出す発想力:「無から有を生み出す」自己基盤を養うこと。

 10月21日東京で開催のBlogger Meets YouTuberのお知らせページをつくるため、改めて「起業家」である自分のことについて考えています。私とJulianの共通点は「自分が商品」であり、商品とは結び付かなそうな日常のこともそのまま発信しているところがよく似ています。
 また、「仕入れのないビジネスモデル」も似ています。私が掃除セットを「受注販売」にしたのも、Julianが、「まだ本が完成してないのに、もう予約販売している!」と言っていたからです。(笑) 

 私たちは、パソコン一つで仕事が成り立ちます。お店もいらないし、仕入れも必要ありません。つまり仕入れ「0円」のノーリスクなビジネスモデルなのです。だから失敗しても損失なし、何度も挑戦できるニュートラルな精神も自然と養われます。

 もう少し本質的な話をすると、「0からお金を生み出す」つまり、「無から有を生み出す」ということをしているのです。この発想力は、起業家だけでなく、サラリーマンこそ必要な発想力です。これがわかると仕事の成功や人生の幸せにもつながるのです。

 私がアパレル店長のころ、まさに「0円から月1000万円を生み出した」とも言えます。ブログは0円で始められるツールで、ブログをやってなかった前年とやっていたその年とセールスを比較すると、プラス1000万円以上の差がでました。

 社長は給料以外にお金をくれませんから、(笑)0円でできることを考えるほかありません。お客様にどのタイミングで手紙をどう書こうか?、毎回の接客でどんな工夫ができるか?、ブログの内容をどう充実させるか? など、0円でできることを徹底的にやりました。お金がないと売上が上がらないと私も思い込んでいたのですが、徹底して社長がお金をくれないものですから。(笑)

 お金を生むには、先にお金が必要だなんて思ってしまいそうですが、起業してビジネスが継続できている人は、「無から有を生み出す」ことを考えることができる自己基盤を持っている人です。
 アパレル店長時代0円で頑張った結果、接客DVDは1000本以上売れて、独立してからリターンがありました。

 スピリチャル的にいうと、「無から有を生み出せる」ことに自信があるわけですから、日常においても、ツイてることを引き寄せてしまうのです。自分の本体(自己基盤)がそうなのですから、なるべくしてなっていると思います。



 Blogger Meets YouTuberの中で、「0円から有を生む、ビジネスをアイデアを練る会議」を実際にやりたいと思っています。1つはJulianがいつもやっている「YouTuber」を即興でやって頂きます! その場で「テーマ」を決め、そこからJulianがどう構成を考えて、それをどう動画で語るのか? 一連の流れをお見せするものです。これは、絶対よそで見られないですからね。

 ところで、「願望を引き寄せるには、イメージ+感情が伴うこと」とスピ系や自己啓発本にもよく書いてあります。おしべとめしべが受粉して、未来への種が撒かれるわけです。結果がイメージ出来て、面白そうなら自然と行動したくなるでしょう。

 つまりライブを見ることで、イメージと感動とが結びついて、未来への種が撒かれるでしょう。知識を仕入れるセミナーでは、こういったことは起こりにくいです。
 しかし、日本とイギリスの起業家が出逢ったことで実現できますし、そういった機会が少ないなら、敢えて「イメージ+感情」の機会を創りたいと思っています。

 例えば、あなたの知人にBloggerやYouTuber、起業家はいますか? さらに「10年以上の起業家のBloggerと25万人以上のフォロワーがいるYouTuber」と条件が増えたら、確率はもっと低くなるでしょう。Blogger Meets YouTuber だからできることを追及していきたいと思っています。

 今日はもう一人のアントレプレナーの英会話の先生に、Blogger Meets YouTuber のビジュアルを描いて頂く予定です! いつもの赤トップス青ズボンのアイコン”Robert”君は、今回どこを旅するのでしょうか?(笑)

 ちなみにJulianは、今日かAmsterdamのようです! 


□■□■□■□■□

◎UPDATE Highlights Remix! 遂にリリース!
 REMIXとして、各地で一番長く話してしまった部分を繋げて最高の状態に仕上げました! 音声ダウンロード商品のため配送なし。すぐにお聴きいただけます。

【UPDATE Highlights ご感想より】
 Highlights終了後、脳みそが一気に活性化してスッキリした中で、集中した後の疲労感がむしろ心地良かったです。




0コメント

  • 1000 / 1000