3月の満月断捨離レポート(寝室編)

 月の満ち欠けを意識すると、2週間ごとに新月、満月とやってくるので、そとのきに何かをするタイミングとして利用することで、行動が進みます。とくに、目には見えないエネルギーの流れを、よくすることにつなげる日として活用しています。

 3月の満月は、寝室の収納の断捨離を重点的に行いました。リビングのほうに人がよく来るので、生活感のない状態にしています。スッキリしていて、いいエネルギーが流れているように感じます。おそらく気の流れが悪かったら、私の部屋でのセミナー、セッションに来た方は、きっとリピートされないでしょう。

 一方、リビングに本来なら置いておいても良さそうなものが、寝室の収納に集結。ということは、自分の身体を休める部屋のエネルギーの循環が少し滞っているような気もしてきました。私は夢をよく見たり、途中で目が覚めることがあります。8時間寝られるので、日中眠くなることはまったくないのですが、睡眠の浅さは部屋密度?と関係しているかもしれません。

 まずは、クローゼットです。今までは、着なくなった服を捨てるだけでしたが、右側を軽い服、左側を重い服にして、「右肩上がり配置」も意識してみました。2つのクローゼットはこのように片付きました。


 今回のポイントは、クローゼット内に「空白」ができたことです。この空白に気は流れ、循環するのでしょうか。
 服、毛布、電化製品の取扱説明書、ソフトのダウンロードにつかった数々のCD、捨てることで使わなくなった収納BOXを捨てました。

 不要な物を捨てたあとには、インテリアです。風水のサイトで寝室について調べてみると、タブーをいくつか発見しました。

★照明のタブー
 天井からぶら下げるタイプの照明はベッドの真上に位置しないようにしましょう。なぜなら、寝ている人の近くに電気回路があるのが望ましくないからです。枕 もとに小さな照明を置いている方も多いのですが、例え電源がOFFでもこれはやめましょう。枕もとで携帯電話を充電する、という場合もありますがこれも風水的に良くはありません。

 私が眠れない原因、まるでこれです。ということで、照明や電気系統の配置を見直してみると、色々と移動も発生して、今まで思いつきもしなかった素敵な配置が生み出されました!
 急に寝室度UPです!実際、途中で目が覚めることなく眠り続けていました。私としては本当に珍しいことです。寝る直前までPCをいじることも今後やめれば、パーフェクトでしょうか。






 掃除、断捨離、片付けをしてみると、「いいエネルギーとはなにか?」がわかるので、エネルギーのよいもの、悪いものという嗅覚がさらに研ぎ澄まされます。
 お金を払うときも、「エネルギーの循環がよくなることに投資しよう」ということが、一つの選択肢とすると、例えば、コーチング、英会話、ジム、ボイトレ、カイロプラクティク、などの自己投資は、私の中でどうしても削れないものとなっています。それは、自分のエネルギーの循環を良くすることだったり、先生たちのエネルギーがとてもいいからです。また、人のお祝い事に駆けつけることも、いいことしたなと思えます。(笑)そういう自分の行動が、いい流れを生み出していくのだと思います。

 すっきりとした寝室に入るとき、昨日までとは違う空気が流れているのを感じます。見て見ぬふりをしないことで、隅々まで手が届き、よい気が巡っているイメージが見えるのです。
 
 いい流れを掴むには、自分の部屋を、いい気が流れている状態にすること。その波長を知ってしまえば、直感、嗅覚が研ぎ澄まされ、幸運を引き寄せることにもつながるのでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000