【伝説になっていると!】

先ほど、たまたま、アパレル店長をしているときに、採用広告載せませんか?
と営業に入ってきた、若手の営業マンから電話がありました。

営業に来たのだが、なんか、一生懸命にやっている彼だったので、
ちょっとカフェに入って、コーチングをしてみました。

すると、それから1ヶ月後、予想以上の結果を出すことができました!と
お礼の電話をしてきてくれたんです。そういうつながりです。

電話は、「別に、用事はないんですけど、元気ですか?と!」

彼は、マークシティも担当しているらしく、あるイタリアンレストランが
その中の一つなのだが、どうやら、私が伝説の人となっていると

やー、あの店長は凄かったと。そこの店長が言ってましたよ

わーいそんなこと言われるとうれしいですね。

とはいっても、その店長のことは知らないのですが、伝説になるというのは、
そういうことかもしれませんね!やる気が沸いてきました

そして、彼に、「堀口さん、へこむことはないんですか?」と。

「ありますよ。7月の後半かなりへこんでいました。」

でも、凹んだときこそ、やったー!って思うんです。私。

苦しいから、どうにかして、そこから脱出するために、

特別なアイデアがふと沸くというタイミングなのです

「そーか!そこが強いんですね。相当負けず嫌いですね。」

「負けず嫌いというのではなく、自分自身と戦っているだけだから、
 誰も敵はいないんですよ。」

そう、オンリーワンになってしまえば、競うことはなくなります。

自分にしかできないこと。

コレを見つけたら誰だって、オンリーワンになれるんです。

そのために、やっぱり自己分析は欠かせないと思います。

自己分析ができたら、それを磨く時間が必要です。

強みがわかっても、磨かない人って多いと思います。

はっきりいって、やったモン勝ちです。

やるか、やらないか。で圧倒的に、やらない人が多い。

だから、頭角を現せる。

そんな風に思っています。

セミナーに出席した方々から、メールを頂きました。

Fさんは、オブジェクティブアクションプランを壁に貼った!と。

Sさんは、今やりたいことだらけでかなりあわてています。と。

たぶんこのお二人の方は、自己実現を果たすと思います

皆さんの成果を聞くのを楽しみにしています

【本日のメンターな言葉】

一時間半ブログを作っているのは凄いですね。
作家になったら、いくらでもいけますね。
書く才能持っている人はたくさんいると思いますが、
大体の人は自分は経験もないし・・・・
と思ってしまって本を書こうとか思わないですね。
だから書いた人勝ちです。

(メンターからのメール)

この言葉を信じて、私はそれからずっと毎日ブログを2つ書き続けているのですよ。

【本日のオススメ本】

似合う色がわかる本〈Version2〉―カラーアナリストが教える本当に似合う色


カラーアナリシスの本です。コレは凄い。
お洋服選びの色選びが迷わず一発!

■↓バナーにコーチング質問が隠れています。
応援クリックであなたにもいいこと起こります

単発コンサル・コーチングOFFキャンペーン実施中!(3/31迄)

www.pearl-plus.com

0コメント

  • 1000 / 1000