【親との関係性。】

◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆

わたしが、10年間かけて得た、マネジメントの成功法則を

あなたは、3時間で手に入れることができます!(1/27セミナー)

http://horiguchihitomi.com

◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆


コーチングで、部下のいる方で、


「褒めるのが苦手なんですよ。」という悩みでした。


何が苦手なのか?と聞けば、


「どんな言葉をかけていいのか?わからないんです。」と。


ここで、意外かもしれませんが、


実は、褒め方が分からない方は、親から、褒められた記憶が


あまりない方が多いのです。


その方にも、聞いてみるとまさにそうでした。


でも、それを知り、その方は、「自分は褒めることができるひとになろう。」


と決心をして、その日から、部下に感謝の言葉と、褒める言葉を


メールにして送られたそうです。


そうしたら、物凄く喜んでくれたということでした。


親にあまり、褒められることがないと、ココロに隙間ができるそうです。


そして、他人のことも褒めることが難しい・・・・


でも、それを克服することで、自分のココロの隙間も埋める事が


できるようになり、他者とのコミュニケーションもうまくいくように


なるみたいですね。


また、自分の得意なことが分からない。という方も、


実は、褒められた経験があまりないから、分からないのかもしれません。


私の子供の頃の記憶では、褒められたところだけは、


くっきりとイメージが残っています。


それは、親であったり、学校の先生であったりです。




例えば、会社の社長との関係性は、父との関係性になるとか、


こどもの頃の生活が、社会になってからのコミュニケーションスタイルに


影響を与えるということは、本当に深いです。


でも、褒めるのが苦手であることを親の育て方のせいにしても

仕方ないので、勉強して、試してみることで、

感覚的にできるようになるとおもいます。


褒めるって、うまい褒め方は、

「具体的に褒める」ということです。

これは、マクドナルドの時のマニュアルに書いてあり、

それを知ってから、ずっと私は実践し続けています。



「マネージメントにオススメの本、ありますか?」

と最近、聞かれたので、前にも紹介したかもしれませんが、


「褒める技術」掲載しておきます。




0コメント

  • 1000 / 1000