雑念がなくなると、暇になる。

4月から育休から復帰された方のセッションでした。時短で働いていらっしゃり、だいぶ仕事場に慣れてきたそうです。赤ちゃんも託児所に慣れてきたようで、お気に入りの先生がいるそうです。(笑)

 前回のセッションで久しぶりの復帰ということで、仕事にいかに集中するか? ということを考えました。集中力を高めるために、仕事の前に瞑想をしてみるとか、アロマスプレーで頭をスッキリさせてから仕事に取り組むなど、「切り替えシステム」を取り入れることになりました。その甲斐あって、仕事をもっと深めたい気持ちもでてきたり、もっと何かできそうではないか? とも思ったようです。

 今回のセッションは、「もっとやれることないかな? やれるかな?」というところから、話が始まりました。
 具体的に何をしていきたいのかというと、調べ物をしたり、知識を増やして、仕事がスムーズになればと考えているそうです。しかし、家に帰ると家のことをやって生活が終わる…とか。

 私はクライアントさんが、家でもやることがあるし、「仕事場でいかに吸収力をアップさせるか」について、考えてみたらどうか? と話を進めていきました。例えば、すぐに復習をするとか、移動中にまとめてしまうとか、その日のことをまとめる時間を家に帰るまでにちょっとでもなぞる、ということです。

 そんな話をしながら、他の時短で働いている主婦のクライアントさんのことを思い出しました。私とのセションを始めたら、「家に会社のことを持ち込まないようになった。いい意味で、開き直っている。子供との時間が充実している」とおっしゃっていました。GWにPCを持って帰ってはきたものの、1回も開かず、終わったそうです。しかしそれはいい意味で、お子さんたちとの時間を過ごせたり、しっかり休めた、ということでした。



 私のほうは、「仕事中、集中力を上げること。復習をしてしまうこと」について話していた意図は、「家は家のことに集中したらどうか?」ということを根底で思っていたからです。

「会社のことを家に持ち込まないということでは? 家でやろう、やろう、と思ってできないと、それもストレス。雑念になります」と私はフィードバックしました。

「家でやろうと思っているけどできない、それがストレスになっていたんですね」とクライアントさんは腑に落ちたようです。

「家にいるとき、会社のことを考えない。次のことが始まるまで、次のことは考えない」ことで集中力が高まるのです。集中力が高まるということは、生産性がアップしますので、早く終わらせられるのです。

 私は「これは今考えることじゃない」ということに気づき、そういう雑念を辞めていくようにしたら、「暇」になっていきました。集中力がないから、時間が無くなるのだと思いました。
 とくに姪っ子が誕生してから気付きました。仕事のことを考えながら、姪っ子たちとかかわろうとしている私。今を生きる子供たち。触れあっていきながら、その違いに気付いたのです。
 それから子供たちと遊ぶときは、今に集中するように努めました。だんだんと、他の場面でも「今を生きる」ことができるようになると、どんどん時間が増えていくようでした。

 仕事中に仕事のことを終わらせられるような復習システムを持つこと。家では家事に集中することです。そうすると生産性が高まって、家事も速くなるのだと思います。

 それから、掃除の話やインテリアの話などにも及び、楽しいセッションとなりました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

★セッション後、感想をいただきました。


ひとみさんへ

 セッション&FBシートありがとうございました。今回も思わぬ着地点でしたが、とてもすっきりしました。
 勉強したいのにできないストレスや子どものことを後回しにしてしまう罪悪感も「切り替え」ができずにごちゃごちゃしているせいだったのですね。セッション後一日過ごしてみて、家でもしょっちゅう仕事のことが頭にあるのに気づきました。仕事のことを考えてることに気づいたらその時点で考えるのをやめて家のことに集中する。
 そう意識することで昨日はいつもの子どもと一緒の時間もご飯の準備も少し余裕がでてきたような気がします。
 次のことが始まるまで次のことは考えない。これから意識して家での時間もハイクオリティーにしていきたいと思います!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 コーチになりたての私だったら、「クライアントさんが家でも仕事を持ち込みたいと言っている」というところから、どうやって家でも仕事をするか? ということを一緒に考えてしまったかもしれませんね。(笑)


0コメント

  • 1000 / 1000