【message】家の鍵を落としたこともメッセージ。

 観た映画についてディスカッションするように、Brooklynひとり旅のことを毎日のように人に話す機会があります。旅の途中はいろいろと必死に過ごしていましたが、帰国してから1つ1つ振り返ってみると実にタイミングよくいろいろなことが起きていたということに気付きました。



 Brooklyn滞在中に社交ダンスを見る予定が入りました。5年前に品川のお寿司屋のカウンターでたまたま隣に座ったことが理由で友達になった、社交ダンスの世界チャンピョンの友人が、Brooklynでダンスコンペティションのジャッジをしているから見に来ないか? と誘ってくれたのです。しかも私が宿泊していた場所からたった5駅のところでした。ワンピースも持ってきておいてよかったです。

 友人に会えればいいという目的で、リーゾナブルな夕方に行きました。「5年前に出逢ったことが、今ここに繋がっている!」ことに感動して涙が流れてきました。
 休憩時間に、ダンスの友人と会うことができました。彼のクライアントさんも同席しており、「夜の会は見ないの?」と訊かれました。私が正直に「プレゼント代に使い過ぎて…」と話すと、その女性は「私は途中で帰るから、チケット譲るわよ!」と言ってくれて、夜21時から2時間くらい観られることになったのです! 私の友人はいつかプロのダンスを私に見て欲しいと思ってくれていたので、私がダンスを見た感想を送ったら、ものすごく喜んでくれました。5年越しの夢が叶いました。


 最後日だけ雨が降ったタイミングも、パソコンのバッテリー切れが雨が降ることを教えてくれました。宿に着く20メーター手間から雨が降り出したのです。
 おまけに飛行機は、3時間も悪天候のために離陸できなかったのです。しかし、搭乗待ちで寄った本屋で、私の知りたいことが書いてある本を手にすることができました。
 日本についてから終電に乗れるかどうか? も微妙な時間になってきました。結局、日本に23時半に到着し、ぎりぎりモノレールの終電に間に合いました。

 そして、これが一番のメッセージなのですが! 滞在3日目、私は知らない間に家の鍵(カードキー)をBrooklynで落としました。(涙)こんなこと生まれて初めてです。(日本じゃないので誰も得しませんが!)LINE通話の3分間無料国際通話を使い、マンションに事前に連絡することもできました。3分で見事に切れましたが、マンションの事務局から折り返しお電話頂きました。思えば、色々と展開しだしたのはこの日からでした。 

 そのことを知人に話すと、「新しい鍵でないと、未来の扉が開かないってことですね」とスピリチュアルな視点からフィードバックがきて、かなり腑に落ちました。旅行から帰った翌日、サブのカードキーは家に残っていましたので、鍵のコードを変える作業をしてもらいました。デジタルですぐにチェンジ完了です。

 Brooklynの翌日から私は、新しい鍵の部屋で暮らしているのです。なんだか、流れが変わりだしたのを感じています。

 6月の終わりに旅行へ行くというのは、前半の総決算のようにもなり、まるでカウントダウンをタイムズスクエアでしたかのような気分になれます。下半期最初の日は、お空を飛んでいました。(笑)


★予告★9月2日(土)全く新しいセミナーが誕生します。
 すべては必然です。出来事から未来へ繋がるメッセージを読み解くことができるのです。そういうセミナーをやってみようと思い、9月2日スピリチュアルカウンセラーとセミナーをすることに決まりました。



0コメント

  • 1000 / 1000