【ONE DAY ONE UNIT】引きを強くするには?

「堀口さんのFull Moonのブログを読んで、私はそもそも自分の限界までやろうという気持ちが全然なかったことに気づいた。気づいたことで、私もやってみたらいいよとなんだかすっと自分に許可を出せたような感覚があった。最近職場に新しいメンバーが増えて、環境が変わり、自分も変化する必要が向こうからやってきたような感じがしているので、変化すること、目指すところについて聞いてみたいと思った」

とクライアトさんのセッション準備用紙に書いてありました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 今日の私も時間めいっぱいに生きました。

7:30起床 英語メルマガ作成 9:00-10:00 カランレッスン 10:00-12:30 英語メルマガ作成 13:45-14:25 英会話レッスンin新宿 14:30 ランチ&英語メルマガ清書 16:00浅草橋で「Hitomi’s mega-cleaning set」用の梱包用品を下見(移動中は動画編集) 18:45帰宅 ブログ書き 20:00-22:30セッション二人+フィードバックシート送信 23:30~ 今、ブログを書いています。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 クライアントさんが、この1週間で「もっとできる可能性があるのかも」と思うような話を見聞きしたりすることが多かったようです。気になるということは、潜在意識が何かしら答えを引き出してほしいというタイミングなのだと思います。言語化していくことを助けていきました。

 今は子育てと仕事の両立の毎日で、与えられた仕事のなかでのやるべきことに取り組んでいるという状況。しかしそれだけでは、何かが足りない感じ…。一体、心の声は何を望んでいるのでしょうか?

「名前が残るとか、上に立って教えるとか、作品を残すなど、そういうことは考えたことありますか?」

「ないですね。仕事も子育てもあっていいバランスになっている感じです。仕事も家でも自分のやることは決まっている感じですね」

「なるほど。決まっていることをやることはできているということですね。じゃあ、自分の範囲の中でやることを見つける以外に、何もないものを創るという視点を持つとどうなりますかね?」

「ああ、そっちのほうは考えたことなかったですね。元々あったものをカスタマイズするほうがやってきたことですね」

「なるほど。これからさらにスキルを身に着けたり、コンプレックスを克服したりして成長することもできると思いますよ。克服することで、さらに強みが強化されることにもつながったりしますし」



 だんだんと話していきながら、今の仕事の中でも工夫出来そうなところが見えてきました。最近、海外の助手がやってきて、英語がビギナーなクライアントさんは、業務を教えるのが大変のようです。でも自分のコントロール外でそういうチャンスがやってきたということは、ものすごいいいチャンスですよね。もしかしたら、コーチングセッションのこれまでの積み重ねが、必要な出逢いを引き寄せたかもしれません。他力は日頃の行いがいいと働きやすいのですから。

 この出会いを有難く生かすならば、「毎日予習復習をする」ことを課題にすることです。もし私だったらせっかくのチャンスだと思って、自分に負荷を与えると思います。そういう習慣の積み重ねが、ますますいい直感を得られるのです。

 「いつもはここまで、というところを、もう少しやってみる」という意識を持つと、人生が変わっていくのです。まずは、目に見える範囲がとても大事です。「自分のマックスまでやっている(身体は酷使しないで!)」ことが、目には見えない力も引き寄せるのだと思います。

 9月2日に行う全く新しいセミナーとして、こういう目には見えない動きについて考察したり、メッセージの読み解き方、直感力を高めるヒントになるようなセミナーをする予定です。なかなか名前がつかずに、発表できないでいますが、(笑)10年来の知人のスピリチュアルカウンセラーと行う予定です!

0コメント

  • 1000 / 1000