【10.21BMY】2005年秋。私がネットではじめて売った商品の話。

 Blogger Meets YouTuberまであと17日。開催を記念して、だんだんとこのEVENTの内容をつまびらかにしていこうと思います。

 普段は、「商品」になっているものしか、皆さんにお見せしておりませんが、このEVENTは、そんなところまで見せるの?!というところまで、行ってしまおうと思っています。そうしたら、私のメンターの金井豊氏も観覧席でいらっしゃることになりました! 今日は私がネットではじめて売った商品の話をしたいと思います。




 このブログを読んでいる方で、それを持っているという人は、何人くらいいらっしゃるのでしょうか?

 2005年7月。まだ私がアパレル店長のころです。知人から「ホリグっちゃんさ、ネットでモノ売るの得意そうだから、デザインできる友達の○○さんと組んで、何か売ってみたら?」と提案をされました。12年前は、メルカリなんてまだない時代です。楽天市場はありましたが、個人が売ったり、ネットでものを買うことはまだメジャーではなく。もし、買うとなるとこんな手順を踏まないといけませんでした。

「ブログで見た商品が欲しいんですけど・・」と、店に電話がかかってきて、入金方法を電話で教え、本部より入金確認のファックスが届いたら、店から配送する…という、手間のかかる時代でした。そんなときにですよ、「何か売ってみたら?」と。

 まあ、「自分の口座へ入金確認したら配送すればいいんだし」と、楽観的に捉え、「やってみまーす!」と実行に移すことにしたのです。

 まず、私がしたことは、「何を売るのか考える」ことからです。早速、その友達と「バリ島」へ行きました。仕入れしないといけないなと思って。かわいい籠のバッグや、アクセサリーになりそうな雑貨もありそうですし…。
 バリ行きが決まったころ、たまたま知人の知人が、バリ人を知っているとのことで、現地の足(車)まで手配することができてしまいました!
 しかし、バリ島の観光で終わり、友人は先に帰り、最後の日は私一人になって、バリ人のマディさんの車で病院へ行くほどの風邪を引きました。あとで保険がおりましたが。

 結局、考えた末、「今自分が一番欲しいカバンをつくろう!」と思いました。そのころ、まだノマドワーカーもそんなにいなかったのですが、私はブログをやっていましたし、自分のノートパソコンを毎日のように持ち歩いていました。
 だけど、当時はメンズのパソコンケースしか売っていなかったのです。女性でノマドワーカーするひとはあまりにも少ないため、女性用がなかったのです。仕方なく無印良品のサラリーマン仕様のBAGを私は持ち歩いていました。また代用品を探してみても、小さい鞄はまだそんなに流行っている時代でもありませんでした。そこで、女性たちがよくサブバック的に利用していたのが、デパートのしっかりとした紙袋などでした。ということで、「レザーバックで、デパートの紙袋大のものがあればいいな!」と思ったのです! 友人にアイデアを言うと、デザインに起こしてくれました。そして、彼女の伝手のカバン工場に100ロット発注することになりました。制作費は、自分の貯金からです。50万近くかかったでしょうか。でも売れれば、100万円は越しますので! 

 で、どう売ったのか? ネットショップなんてほとんど存在しない時代なのに、100個売ることができました。金井さんも買って下さいましたね。みなさん応援してくれたかのように買っていただきました。ありがとうございます。


★10.21 Blogger Meets YouTuber !




0コメント

  • 1000 / 1000