アファメーションが書きやすくなる質問とは?

 思考が現実化するのに、昨日は8時間という速度でした。そんなに難しいことではないですが、自分ではコントロールできないこと。まさにその通りになったので、やっぱりそうなんだなと思えました。内容は、こちらのブログに書いています。

 誰もがこうなったらいいな、と思うことを叶えた経験はあるのだと思います。しかしながら、自分に制限をかけていない人のほうが、奇跡的と思うことが叶っているのかもしれません。

 コーチングセッションの時間を持つことは、叶えたいことにフォーカスする時間です。その言動自体、叶う前提となっているのだと思います。


 先日、ある1回目のセッションでのこと。

クライアントさん:「陽性の脂肪腫なので、取る必要はないようだけど、気になっているので取りたいと思っています。けれど、最初に診てもらったお医者さんに、「大きな病院で手術しないと取れない、皮膚科か婦人科か分からなけど」と言われて、気になるけど、そのままにしているんです」


私:「そうなんですか? 2年間、一人の先生の言葉に縛られている感じですね。きっと同じような悩みの人はたくさんいるでしょうし、実は簡単に取れるものかもしれませんよ。他にも当たってみてはどうでしょう?」

 そして私は、セッション中に早速、自分の知っている皮膚科を調べてみました。そこにはなさそうだと、クライアントさんに伝えると、「産婦人科に行ってみます」ということになりました。



 そしてセッション後、クライアントさんからメールをいただきました。


* * * * *

昨日、婦人科に行って来ました。まずは診てもらい、来週くらいに手術かなと思っていたら、初診であっけなく切開。正味10分(笑)。最初に診てもらった医者の言葉を信じてグレーだった私の2年間は何!? という感じです。切開跡は少し痛みますが、キモチはすっきりです。

* * * * *


 そのほかにも、やろうと思っていて、やっていなかったことリストのほとんどが完了されていて、一気に行動のハードルが下がったようでした。自分で思い込み過ぎていて、人に話してみたら、「え、それって簡単にできるよ」ということは、あるのではないでしょうか。できる方法を考える思考を持つ人に、話してみたほうがいいでしょう。



 自分のこととなると、とても難しいと思うことも、人からしてみたら、そんなに難しくないことはあると思います。なかなか、願いを口にすることさえも、気難しかったり、恥ずかしかったり。でも、願いは口に出してみたほうが、なんだかよさそうですよね。

 クエズリーの質問集が出来上がったのを、播磨さんに見せると、「どの質問も自分に矢印が向いていていいと思いますよ。あと、Imagine your futureの章の質問のように、もう少し自分と離れる、もし、…ならばのような、仮定の質問を増やせるといいかもね」と意見をもらいました。

 実は、「Imagine your future」の章には、自分の未来をイメージするのに、「それは、ムリじゃないか?」と邪魔を入れないために、「自分の夢がかなって、インタビューを受けている」という設定での質問集にしているのです。楽しくペラペラ答えていただだけると思います。しかも、すでに叶った状態での完了形質問ですから、潜在意識によく効きます。

 私自身が、自分の夢や願いごとのアファメーションを書くことって、結構難しいなと思ったことがあったので、質問というナビがあったら、書きやすくなるのかな? と考えました。100問近くあるので、やりたいことリスト100があっという間に完成できるかもしれません!クエズリーがナビゲートしてくれるのです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

こんな風です。

・夢をかなえたあなたが、インタビューを受けているイメージで質問をしていきます。準備はいいですか?
・あなたの仕事は何ですか?
・会社の名前は何ですか?
・今の仕事に就いたきっかけは、なんでしたか?
・お客様はどんな方々ですか?
・どんなサービスですか?
・これまでで嬉しかったことは何ですか?
・人生が劇的に変化するきっかけとなったひとことは何でしたか?
・どんな努力を重ねてきましたか?
・世界進出のきっかけは何でしたか?


 「求めよさらば与えられん」です。まずは、口にとりあえず出すところからかもしれません。

 私は七夕のお願いごととして、「クエズリーで世界平和」と、4か所で短冊を書きましたが、どうなることでしょうか?!

質問力をつけよう!『1000問の質問集』 好評発売中!

0コメント

  • 1000 / 1000