行動し始めると、行動したいのに「止まる」ということに改めて気づく。

 先月のイベントUPDATE後の特典30分単発セッションで、「行動するようになって、気づいてしまったことがあった…」とおっしゃる方が、いらっしゃいました。ある3人の方は、逆に「停滞している」という状況に直面。その停滞しているところに何があったのかと言うと、「進めなくしている思い込み」です。「あ、これが大物ブロックか!」と明らかに気付いたようです。

 行動していないと、思い込みがあったとしても、「私は・・・だから」を理由にして、動かないでいることすら気づけない。行動をし始めると、行動したいのに「止まる」ということに改めて気づくというわけです。

 昨日のセッションは、親や親戚から言われてきたレッテルについてでした。クライアントさんは、行動が止まる傾向にあるとき、その言葉がよく頭の中をよぎり、だからだよね…と行動できない理由を作っていたことに気づいて驚いていました。それを気にしないようにしよう…とはしてきたというのです。

 でも、「気にしないようにしよう」は、まだ気にしていると同じ意味です。「気にしないでいよう」を保持しているわけですから。となると、完全に気にならないにはどうしたらいいか? という潜在意識の話になりました。

「どうすればいいと思います?」

「え?? 気にしないようにしても、それは気になっているわけだし…」

「流しました?」

「え?? 流す? それは考えたことなかったです」

「流せるんです」

「やったことないですね、そう言えば…。なんだか、涙が出てきちゃいました…」

 ちょうど、8時間後は満月というタイミング。クライアントさんは、今朝から思い込みをいっぱい手放して、有名な神社でパワーを吸収し、すっきりした朝を迎えたと、メールが来ました。


 UPDATEをテーマにしたEVENTでは、「行動できない理由」を深めるのではなく、「行動せざるを得ないコマンドを持ってもらう」という狙いでした。次回参加者の9割が前回の参加者であるところを見ると、やはり行動の変化を感じて頂けた結果なのかと思うことができました。

 行動的になったからこそ、現れた停滞です。前進したいけど、前進できないという状況になることも、次を走るために必要な給水所みたいなものかもしれません。行動する人ほど、いろいろな壁にぶち当たっては、通過し、またぶち当たって、通過し…をやっているものです。人間的な成長を遂げ、やることもどんどん大きくなっていきます。

 次回の『Possibilities』は、可能性にフォーカスする視点です。今回も非常にシンプルです。毎日可能性にフォーカスしているひとが、どんな習慣を持っているか? 知っていただくことはそれだけです。

 EVENTの中だけでなく、外でも行動しながら考えていただくことが、このEVENTの醍醐味。次回のドレスコードについて、今朝アイデアが湧いてきました。

 ドレスコードは、「一輪のお花」。お花屋さんで買ってきてもらいます。一輪買うだけでも、きっと色々と考えるはず。15本が揃ったとき、どんな可能性が生まれるのでしょうか?!

0コメント

  • 1000 / 1000