未来の夢の実現は、どうやって近づいてくるのか? 

 前回のセッションで、自分が主役となり道を開いていくことを決意できたクライアントさん。仕事場にやってくる日々のお客様にも前のめりで話すようになったそうです。今までは、ただ役割をして、そんなに突っ込むことがなかったようです。
 こちらが突っ込んで話してみると、自分で仕事をやっている人も結構いるんだな~と、実感されたようでした。しかし、自分がコレというのがないとき、自分のことを説明するときに、何がわかりやすいのだろう?と、思ったそうです。

 7月20日のEVENT Episode3の「Future~未来を創る」でも、まさに考えたいところです。未来を創るうえで、「人とのご縁」は欠かせないものになるのです。神様は、いつだってチャンスを与えています。それをキャッチできるかどうか? というのは、日頃の能動的な動きが必要なのです。

 私が店長だったころ、結果がでていない、発信をしていないときは、「ただの店長」。ブログをはじめ、結果をだしたら「カリスマ店長」と呼ばれるようになり、レディースの店なのに、男性アパレル経営者の方が、私に会いに店にやってくるようになりました。名刺がどんどん減っていく店長になったのです! 明らかにステージアップです。

 一つは、「結果を出すこと」が、人とのご縁をつなげやすいものとなります。しかし、クライアントさんは、店長でもないし、現在は、何かの結果ホルダーでもありません。どうしたらいいのでしょうか?

 私は言いました。「自分の夢を語ること」と。クライアントさんは、趣味「絵」の分野が仕事になっていけたらいいなという夢が、セッションを継続して受けている中で出てきたのです。それで、それに関してのブログも更新が続いています。

 夢を語る人がまず少ないです。なので、夢を語るだけでも素敵な人だなと思われます。誰か紹介できる人がいたら、その人を介してまた紹介してもらえるチャンスも広がりますね。

 そして、クライアントさんに質問しました。「夢の具体的な内容は何をするのですか?」と。そうしたら、「え、考えていませんでした」と不意打ちだったようです。

 夢はあったとしても、具体的なところまで考えていないことが少なくありません。夢がある日突然叶うなんてことはないのだと思います。何かの1歩がないと…。

 まずは、今ある案から実行してみてはどうか? と背中を押しました。具体的には、出会った人に夢を語り、具体的にどんなサービスを展開したいかまで語るのです。駆け出しのころは、「いいよ」と言ってもらいやすいです。
 今はゴッドハンドの私のカイロの先生も500円でやらせてもらったり、ちょっと怖い系の人が、(笑)「毎日来るよ」と言ってくれたそうです。そうやってやっていくうちに、具体的に「できそう!」となるのだと思います。 
 私もアパレルの顧客様とお茶を飲みながら、コーチングをしていました。自分が独立したときのイメージを実験していたのです。

 30分のセッションで、さらに先の話まで進み、私も我ながらいいこと言いました。(笑)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

★ご感想をいただきました。

本当にこのまま画家になってしまうのか!?と、もういちいち驚いている場合でもないんでしょうが。。。笑

最初から「ゴディバの新商品」として活動する。この例え最高です。

7月20日のFutureまでにすることも決まりました。

本当に堀口さんと話していると、
別次元にいきます。

今日もありがとうございました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

7月20日のEVENT Futureは、 「別次元」の話となります! Don't miss it!!!


0コメント

  • 1000 / 1000