★ひとみずむ29. 『29歳。音楽との再会』

本日は『ひとみずむ3』第1話目の配信です。

29歳から30歳になる時期にコーチングのi.askaさんのひとみずむです。

29歳って色々考える時期ですよね…。

自分が本当にやりたいことがふっと湧いてくるプロセスが

ご覧いただけると思います。是非ご覧ください!


それではどうぞ!


□■□■□■□■□

ひとみずむ29. 『29歳。音楽との再会』




人事の仕事をしている29歳の明日香は、変わりたいわけじゃないけど、
今のままがしっくりこないでいた。20代は色々と挑戦してきたけれど、
29歳のこの1年の停滞感に漠然とした不安を抱えていた。
そこで30代を目前に据えた29歳の夏、3回目の90日コーチングを申し込んだ。
1回目の課題は【神社へ通うこと】。星空から何か啓示でもくるのかと期待したが、
思い出すことは27歳のベンチャー企業で働いていた時の辛い出来事だった。
それを、コーチに話すことで、心の底に居続けていたものに気づき始める。


■PCの方(こちらのHPからどうぞ)
http://pearl-plus.me/library/library2.php

■携帯・iPhoneの方(画像はご覧になれません)
http://www.hitomism.jp/?p=668

□■□■□■□■□

こちらを書いた、i.askaさんから自主的に前夜にメールが届いています。笑



堀口コーチのクライアントとして
最古に近い歴史を誇る私、i-askaが
この度、ひとみずむ3にて初めて筆を取らせて頂きました。

3にして執筆に挑んだ理由は3つあります。

【①ライフコーチングであった】
過去2回、90日コーチングでお世話になりましたが
その両者とも『目標達成』を目的とし、私はいずれも目標を達成しました。
しかし、人生全般の事を聞かれると沈黙。。。
やっと、人に語れそうな【ライフ】が出てきたのです。

【②コーチングセッション外での接点】
この度は、電話越しのセッションを飛び出し
様々な方々との接点を設けて頂きました。
きっと、それらの接点がなければ私の本心に気付く事もなく・・・
気付いたとしても、深堀りが叶わなかったかと思います。

【③ひとみずむsongの作曲】
ぶっちゃけ、これに尽きます(爆)
大学時代、プロのarrangerに師事し
singerとしての将来は見込まれたものの
殻を破れなかった曲の提供。
本当にやりたかったモノを見抜いた堀口さんへの感謝の意を込めて!


人がネガティブ談を話すのには、それ相応の覚悟が必要です。
私はある時期の後悔だけ、どうしても認められなかった。。。
『後悔』としてではなく『事実』と認める事で昇華できた出来事。
きっとあなたの中にみつかる、あなただけが知っている着地点。

私のダメメガネなストーリーをはじめ
他みなさんのひとみずむから共感して頂ければ
恥を忍んで書いた『3』一発目のi-askaも救われるってモノです(笑)

3週間に渡って綴られる、ひとみずむストーリー。
そのどこかに、あなたをみつける瞬間があります。

きっと『ひとみずむ4』は
今日のあなたから始まっています。

HAVE A NICE DAY..wiz ひとみずむ☆



→彼女は私が独立して最初に開催したセミナーに来ていたのです。
今回『ブーゲンビリア』の作曲を依頼しました!


□■□■□■□■□

明日は・・・・

30 t.asuka 『過去は変えられる』




靴の販売職に就いて1年。24歳のあすかは、販売をしているだけで、
将来は靴の製作の仕事をしたいのになにも行動できていなかった。
そこで、2010年、うお座にとって12年に一度の大運気をきかっけとして、
変わることを決意してコーチングを申し込んだ。行動ができない原因は、
落ち込みやすく、自分は悪いとすぐに思ってしまうところにあった。
その思い癖の原因は、小学校時代の自分は悪いことをしてしまったのではないか?と
思い続けているところにあったにあったのだ。その過去をコーチに打ち明けるが…。

お楽しみにどうぞ!

0コメント

  • 1000 / 1000