★たった一言で行動を変容させる。

今日は、私のコーチ播磨さんと

6/6の夏コミコレクションについての打ち合わせをしました。

播磨さんは、大阪からですが、結構東京にもいらっしゃるのです。


まずは、カフェでランチを。

ほ「わたし、カレー  」

は「あ、かぶった! 」

という感じで、いいかぶり具合からスタート 笑。


マメ知識:ちなみに、二人ともイニシャルがH.Hでそれもかぶっている。



まずは、私の対面コーチングを行いました。

いつも、「新しいことでやりたいことない?」の

質問ばかりをしてきます。


とりあえず、やりそうなこと言ってみて?

と聞かれ、「出馬?」と言ったら、

「面白いこと言うねぇ。 爆」

と、笑いを誘ってしまいました。

いつも、思いついたら、適当でも必ず口にします。

いや、むしろいつも適当です。



結局、45分話し続けて、ま、いろいろなことを

思いつくがままに言ったのですが、出てきたキーワードを

私、一つだけノートの左上にちょこっと書きました。

「日常」って。


これなのですが、1日一緒に過ごすと、勉強になる。と

よく人から言われるのです。

このこと自体が、もし、ビジネスモデルになるとしたら???

なんて、話になりました。



思いつくままに言うっていうのは、結構大事です。

相手に何かを言うときって、頭に「ポッ」っと浮かんでも

遠慮して言わないときありません?

言ったらどうかなぁ?とかそういうのも、口に出して言ってみるんです。

私のコーチングでも、適当な発言大歓迎ですよ。

楽しさが、アイデアを促進させますから。



私と播磨さん、ストレングスファインダーで、

私は、3位、播磨さん2位 に「着想」なので、

着想同士が話を始めると、もりもりになります。笑



ということで、後半は「夏コミコレクション」について

2時間くらい話しました。

話が広がりすぎて、冬コミコレクションで

取り扱いたい内容まで進んでいきましたよ。



夏コミコレクションテーマは、

「フィードバック」感想を伝える。本当に思ったことを伝える。です。

時間は10時から17時 お弁当付き で盛りだくさんになります。



テーマの内容からさらに発展して、

コーチとして、どこを見ているか?

という話をお互いにして、面白いことにも気付いたり。


極端な話、クライアントさんが、ものすごーーーーーーーい

長いこと話をしていても、ある視点だけを追っているので、

たった一言のフィードバックだけで、行動を変容させる

きっかけを作ることができるのです。


聞く方の、スタンスとしては、聞きたい部分と、置いておきたい部分と

自然とわけて、話を聞いている。ということが、

二人の会話から、明らかになりました。


このことで、クライアントさんの共感に入り込まないで、

話を聞くことができるのです。


なので、私も播磨さんもクライアントさんが

悩みこんでしまっている時や

ネガティブモードでも全く影響を受けないのです。


この説明も、かなり面白いことになりそうです。

教科書に書いていないことばかりです。



今日のセッションで、私一言も質問しないで終わったのが

ありましたが、フィードバックでものすごい目が覚めていました。

どうも、うすうす本人は気づいていた言って欲しい言語を、

私が言葉に出して言ったみたいです。



ああ、速く発表をしたいです。

ということで、さっそくHP案内作りに取り掛かります。



今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

あなたに、本当のことを言ってくれる人いますか?

0コメント

  • 1000 / 1000