東京湾屋形船忘年会でした ♪

クライアントさんたちをお呼びして、屋形船忘年会をしました。




船の出始めは、揺れがあって、ちょっとびっくりしてしまいましたが

東京湾へ出ていくころには揺れもおさまってきました。

あちらこちらに他の屋形船も見えたりして、

海上レストランの江戸バージョンですね。










小さめの船でしたので、

天井も低くて、小ぢんまりとしたお部屋は

とても安心感がありました。


やはり、地上のレストランで行うのと

船貸切で行うのとは違う感じがします。






お刺身と天ぷら・・・江戸前でしょうか!

めちゃくちゃおいしかったですよ!!!
















自己紹介タイムをしました。

みなさん思い思いに今年の振り返りとこれからのことを語っていました。



「好きな人ができました!」



「エレクトーンで世界一を目指します!」



「初めて今の奥さんにあったときに、ふとした笑顔がいいなぁと思って!」



「カップルたちが幸せそうにプレゼントを選ぶのを接客するのが
 本当に幸せな気分になるんです!」



「9月には会社を辞めようと思っているんです」



「堀口さんのさじ投げコーチングで、本当に自分のしたいことに気付きました」



「僕は、かわいいじゃん!でコーチに選びました。(笑)」



「この洋服も主人が選んだものです」



「他のコーチより、コーチングフィーが高いので
 この人自信があるんだなと思ってコーチに選びました」



「面接のときに、僕がしてみたいことも話せたんです」




2年前に屋形船をした時よりも、

私とクライアントさんの距離は近いと感じました。


皆さん揃って、

”自分のことも周りの人のこともそのままでいい”な感じがしました。



以前、私のことを「すごい」と言われることが

あまり好きではありませんでした。



全くすごいところなんてなくて、

普通に生きているだけなのに、何でそう思うんだろうって。



だから、すごいっていうことを見せないようにしたいと思って

文章もすごく変になってしまった時期もありました。



自分じゃなくてもいいような言い回しとか、

そんな風にしていたら私も自分のことがあまりよくわからなくなりました。


そんな時期に、相談に乗ってもらっていた人には、

自己否定的なメールをしてしまったこともありました。

ご迷惑をかけてごめんなさいです。

何度も励ましてもらっても、まだ立ち直れないでいました。


夏に、自己否定が癖になっている自分に気づいたら、

クライアントさんも自己否定している人が

結構いることに気づき、私は自分に言葉を届けるかのように

みなさんのセッションに臨みました。


みなさんに届けている言葉=自分に届けている言葉

でした。


皆さんのおかげで私も復活できました。

ありがとうございます。



屋形船で、どんちゃん騒ぎをしながら

そんなことを考えていました。



最後にヴォイトレ部で歌を披露しました。







歌を一緒に歌うことも、とても人とつながる気がしています。



皆さん楽しい夜を一緒に過ごしてくださって

本当にありがとうございました!!!






いつもみなさんの話を聞けるだけで私も嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします!



0コメント

  • 1000 / 1000