先が見えないという不安、今の道はこれでいいの?

「今の道はこれでよかったのだろうか?」

そんな不安を誰しも抱えると思います。





継続してセッションを受けているAさんのケースです。

いつか独立をしたいと考えて、会社を辞めてネイルの勉強をしていらっしゃいます。


今日のセッションでは、「先が見えないんです」という不安をおっしゃっていました。

なぜ、そうなってしまっているかというと、

ネイル以外にやりたいことが他にもあって、それはセラピストの仕事。



じゃあ、いまやっているネイルの勉強って意味があるのでしょうか?

私は、そこを確認したくて、原点回帰のそもそも質問をしました。


すると、独立手段として始めたということと、

いつかセラピストをやるとして、人と1対1で話すということが

これまでの人生でなかったから、知らない人と話す機会を作りたかった。

とおっしゃっていました。


いま、人と話す機会ができるようになって、自分が人の相談に乗れる

ということを確認しだしたそうです。



ということは、いつかセラピストの道にちゃんとつながっていることは

確認できました。



でも、本当にやりたい方向へ進むのならば、

いつか、ネイルの勉強を卒業する日がやってきてしまいます。

そのことについてはどう考えているのか?聞いてみました。



すると、独立することは、できなさそうで、しんどそうで忙しそうな

周りの人たちをみて、本当にしたいことなのに、

潜在意識ではブレーキががっちりかかっているようでした。


ちゃんと、夢の道の方へは進んでいるけど、

なんだか、かなり負荷が重そうでした。

大丈夫って信じることですね。


私は本当にやりたいことならば、

自然のプロセスでその道に乗れると思うのです。


しかも、彼女は旦那様に「わらっているだけでいい」と

確か、『ひとみずむ』でもそう書いていたし、笑

本当に笑いながら、自分の行きたい道の方へ安心して進んでいけばいいと思うのです。


余計なことは考えない。

信じて進め―!!!です。


 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

今いる場所は、どんな道を通ってたどり着いたの?


0コメント

  • 1000 / 1000