自分の発見をメソッド化してアウトプットする。

 自分の専門性を生かす形で20年くらい会社で働いていると、一生ここで働いて深めたいわけではない、という思いもでてきたようで、そのことについて考えてみたいというセッションでした。

 以前のセッションでもそんな話がでてきて、「週末起業みたいな感じもありますよね」と私が言っていた言葉がしっくりくるような気が、今になってしてきたようです。一体何ができるのか? 一歩を踏み出すタイミングに来ているかのようでした。

 1年前は「人に教えるなんてとんでもない」と言う心境でしたが、ある時のセッションを境に、「遠慮はしているけど、できないと思ってはいない自分」であることを認められてからというもの、すさまじい変化を遂げられました。ある講座を受講し始めたり、その講座で教える仕事を頼まれたり、取っているけどほぼ見ていなかったメルマガのお知らせに目が留まって、会社以外でも副業を得る機会となったり、私と同じ瞑想講座へも行かれたり、自然に状況が変化していました。

 それで改めて、会社以外でも何かをするとなると、「教える」や「仕事を依頼される」以外の選択肢、「自分の経験をシェアする」を、そろそろやっていってはどうか? と新しい視点を提案してみました。具体的には、ブログを開設するということです。何かの目的のためにやるというよりも、理想の未来への方向性として、自分の経験のアウトプットを始めるといった感じです。



 私も思えば、独立する10か月前から、アパレル店長として自分がやっているチームビルティングやセールスアップの秘訣について教えるブログを始めたのです。女性のメンターからやってみたら?と提案を受けたことがきっかけでした。そのとき、起業を目指すためにやったというよりも、単に「自分の発見をメソッド化してアウトプットしよう」というだけでしたが、結果的に、理想の未来への第一歩だったのだと、今は思います。

 人に読んでもらうものを書こうとすると、いろいろと深めるために調べることも断然増えますし、深めるための行動も増えます。ただ経験談を書くだけでなく、それをまた他の人が応用できるように言語化する過程に、とても学びがあるのです。未来の可能性が拡がる方向性への一歩が決まったセッションとなりました。


0コメント

  • 1000 / 1000