This is a sign EVENTスピリチャルカウンセリングを受けた方のその後他、直感について。(9/23 東京△ 10/1大阪残席1)

 9.2 This is a sign EVENTの特典の久保さんのスピリチャルカウンセリングを受けた方のその後の報告メールが届きました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

久保さん

 昨日は貴重なお時間ありがとうございます! セミナーの直後から~セッションまで、本当に辛くて辛くて辛くて辛くて…どーなることかと過ごしていました。今思うと理由が分からない不安の中、まずは自分が『嫌だ』と思っているこの気持ちを、とりあえず受け止めようと集中していた気がします。ヘトヘトの状態でセッションを受けて「あー!そーかー!!」と一気に楽になりました。ものすごく心が軽くなってホッとできました。本当にありがとうございます。(中略)あの後、急にいろいろなアイディアが巡って、全然ネガティヴなイメージが湧きません。こんなにウキウキした感じは何年?何十年ぶりでしょか…(笑) 本当にありがとうございました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 そのほか、EVENTの後、"This is a sign" に意識が向くことで、繰り返していた辛くなる感情を手放す機会がすぐやってきた方もいらっしゃいました。私に意見を聞きたいとのことで、まずメールが来ました。実際の出来事と気持ちが書かれていました。私はそれに対して「ニュートラルな捉え方から見えた真実」を書いてお送りしたところ…。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

堀口さま

ご返信ありがとうございました。反応していい、と言ってくださるんですね。こんな状態も、幸せ、とおっしゃるんですね。堀口さんにメールするとき、正直にさらけ出してしまってよかったです。こんな自分を受け入れます。ありがとうございました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 お二人ともニュートラルになられたことで、本音を話すことがまずできて、それが解放につながったのだと思います! スピリチュアルスイッチが入ったようです。

 かつて『探すのをやめたとき愛が見つかる』(バイロン・ケイティ著)という本を読んで、「ニュートラルに捉え方を変える手法」に同じ傾聴の仕事をしているものとして感銘を受けたことがあり、私もそういうことができればなぁと、何度もその本を読みました。何度も読んだ理由は、真実を捉えることがとても難しかったからです。出版社の人も「ケイティの本は難しくて途中でやめた」とおっしゃっていたほどでした。私はセッションがあったから、一人一人のクライアントさんを目の前に、訓練できる環境だったのはよかったと思います。
 そんな苦行を経て、今は真実を発見する目が育ってきて、クライアントさんたちに楽になってもらえるようになりました。それは「可能性にフォーカスする」と同じ目線でもあります。発見ができれば、問題が問題でなくなるのです。

 「これはサインなのかな?」と意識でき、そこをニュートラルな立ち位置でメッセージを読み解けば、「目には見えない真実を発見する」ことが、誰でもできるようになるのだと思います。自分がコントロールして未来ができることだけでなく、未来のほうから常にメッセージが発信されていて、それを受信する能力も必要で、まさにそこに目を向けることができるようになる ”This is a sign EVENT”です。



 Episode 2は、「Inspiration」がテーマです。直感は未来からのメッセージになります。「思いついたことは全部やる」とクライアントさんによく言っているのですが、それは、「直感力」を鍛えるトレーニングなのです。自分が思いついたことをそのまま置いておく習慣が身に着いてしまうと、未来からのメッセージにかなり鈍感になってしまうからです。普段から自分の思ったことを実行する癖がついているから、直感もキャッチしやすいのです。

 “This is a sign EVENT “Episode1 自己基盤とスピリチュアル 10/1 大阪はあと1席。9/23 東京追加講演はあと3席可能です。今のところ再追加講演の予定はないので、16時から19時の3時間だけでも、お時間作っていただいても来る価値があると思います。スピリチャルカウンセラーのセッションも初体験してみてはいかがでしょうか? 私たちも2回目ということで、1回目とは違うものがでてくるでしょう。新しいものとしてスイッチを入れ替えて臨むつもりです。Don’t miss it!




◎This is a sign 「自己基盤とスピリチュアル」ご案内ページ

9月23日(土)16:00~19:00  東京△

10月1日(日)10:30~13:30 大阪 ラスト1席


0コメント

  • 1000 / 1000