「自信がないと感じるのは、ジャッジの世界にいるから」その後…。

 自信がないと感じるのは、ジャッジの世界にいるから。のクライアントさんより、セッション後のメールを頂きました。急に視界が開けたご様子で、その激変ぶりに驚きました。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

変化をまとめると…

①今まで嫌々見ていた視察において、今まで気づかなかった工夫してる所が見えてきて感動! 自然に目から耳から入って来る感じ。

②見るのが苦痛だったビジネス誌が、抵抗無しにスイスイ読めた。

③今まで嫌で気配を消していた会議で、言いたい事を割り込んで言えた。

④機嫌悪そうな人にも私の方が元気に接すれば不思議と穏やかに。

⑤チューニングのように、私は廻りに合わせていたんだなとハッとした。私が自家発電すれば良いだと思ったら、その日に本屋でパラパラと立ち読みした本に「自家発電」と書いている人が居てビックリ。「そうだよ!」と、神様が教えてくれてるように感じた。

⑤何人かに、好きな人いるの?色っぽくなった、綺麗になったとか言われた。恋をしている感覚に似ている。

⑥悩んでいる同僚に私がコーチングの話をしたら、「スッキリした!有難う」と言われた。

⑦ずっと悩んでた友達が、凄く元気になった。

⑧目標立てなくて良いんだぁと思ったら、何となく目指す物が見えてきた。

私個人が堀口さんのコーチングを受けて、廻りの方まで前向きになれるって凄いなって思いました。これが広がったらどうなるんだろ? 楽しいだろうなって思います。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 このような変化のメールを頂き、私もとても嬉しく思いました。ご報告いただき、ありがとうございました!
 クライアントさんは、自分が辛くなる見方をしていただけなのだと思います。同じ世界のなかで、私だったらどう見えているか? を伝えただけなのです。そして、ジャッジの世界では見えてくることがなかった、クライアントさんの存在価値を伝えました。そうしたら元気になったのだと思います。なにしろ、全力で自分の幸せを獲得しにいくことが大事だと思います!

0コメント

  • 1000 / 1000