転職活動のサポートをしてあげたい。どんな働きかけをしたらいいですか?

 クライアントさんより、ご相談メールを頂きました。パートナーが急に転職を余儀なくされることになったようです。相手は、しっかり仕事をしてきているから転職先も見つかるとは思うけれど、急な出来事のため、相手は動揺し、自信を持てずにいて、ネット関係にも弱いのですが、どんなサポートをしてあげたらいいでしょうか? という内容でした。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

★私の返事です。

○○さん

こんばんは。

ポジティブな気持ちで、新しい出会いや
自分の成長のチャンスが来ると、
捉えるしかないです。

○○さんは、逆にフォローせず、
男なんだから、しっかりやんなさい!
くらいが良いと思いますが。笑

というのも、久しぶりの就職活動の人で、
自己PRが苦手な人は、
自分で自分の強みに気付けないと、
本当の意味で自信が育たないからです。

また、人は自分の普通が強みだったりするので、
なかなか自分を認めるのは難しい人が多いです。

サポートするなら、模擬面接ロープレなどがよいと思います。

また、本人の強みを言語化するサポートです。
面接ウケするように、事実を脚色するまで徹底すれば、
受かるイメージができてきて、ようやく自信が湧いてくると思います。

棚卸しと、伝わりやすく練る作業と、ロープレですね。
私のセッションは、そんなことをしてサポートしています。

Just do it! です。

堀口ひとみ

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

★その後クライアントさんよりメールをただきました。

「本当にそうですね。しっかりやんなさい!でいいですね。ちょっと過保護にしようとしてました(苦笑)私が落ち着いているようで、実は焦っていましたね。適度にはっぱをかけつつ、見守りたいと思います。Just do it! ですね。信じて待ちたいと思います」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 メールを返すときに一瞬、「クライアントさんのサポート姿勢」を承認しそうになりましたが、(笑)すぐに、本質はそこじゃないだろう、と気づきました。何でもそうですが、自分で決めた行動をしていくことが、一番腑に落ちるのだと思います。なので、相談のメールに対しての返事も、方法論ではなく、どういう考え方をしたらいいか? を伝えることに重点を置いています。クライアントさんが、自分で成功できた! と思ってもらえるように導いているのです。

 どういう思考をすれば、人の可能性が引き出されるのか? 可能性にフォーカスできるひとが、自分を進化&成長させていける人なのだと思います。そのための思考を知ることは、豊かな人生のヒントになります。



 たまたま、YouTubeでGacktさんがリスナーの相談に乗っているラジオ音声を見つけました。僭越ながら、全く私と同じ思考のところがありました。

「思いついたら、全部やるようにしている。もうその瞬間に何も考えずに準備をしている」「腹筋は好きでやっているのではない」 etc...

 リスナーの相談は、「マンガ家をしているけれど、ネタが尽きていくのではないかと心配している。どうすれば、新しいネタが生まれるのか?」というものでした。

 その答えとしてGACKTさん流の「新しい自分発見」をする瞬間について、語っているというものです。いい内容なのに、再生回数が少なすぎですね。つまり、知る人ぞ知るリンクということで、Lucky you!

0コメント

  • 1000 / 1000