答えを貰うのが、当たり前になっていないだろうか?

 30分セッションを週1という新しいコースを試しているクライアントさんとのセッションがありました。私にとっても初めての試みです。長年の間の習慣を変えたい、行動することを習慣づけるために、いいシステムになるのではないかと思っています。

 長年転職を考えながらずるずると。しかし、コーチングセッションをすることで、自分の内側のアイデアを実行する行動力がついてきました。行動が止まる一つのブロックだった、過去からずっと持ち続けているものを手放しつつあります。
 ついに、会社に退職の旨を伝えられたようです。「次を探すしかない」ところに。
 しかし、「次の会社面倒くさいな」と思ってしまう自分もいるそうで、「次を探そう、何をしよう」で、思考停止するようでした。

 私が「わかろうとしないから、わからなくなっている」とフィードバックしました。長年の「わからないなら、そのまま習慣」を自らの意識で変えていくしかありません。

 かくいう私もそうでした。今思えば、自分の内側を探さずに、外側ばかり探していたから全く分からなかったのです。どこかしらに答えがあると信じて疑っていませんでした。そういう試行錯誤をしていました。

 見るに見かねたのでしょうか。そんなとき上司からズバっと「自分の頭で考えること」と言われ、たくさん考えているつもりだったので、逆切れ寸前。しかし、言い訳しないマイルールです。この人が言うのだから、その意見を受け入れたいとも思ったので、黙っていました。28歳のときのことでした。

 それから私はメキメキと自分の人生を生き始めたのです。激変しました。前に進んだら、また衝突が起きて、怒りの爆発は時折ありましたが、そういう噴火みたいなあとには、いつもいい方向へと進むことができるのだなと、だんだんわかってきました。

 大切なことは、自分の中から湧いてきたインスピレーションで、こと進めていくこと。失敗もするのですが、それは成功のために計画された失敗。だから、どちらにしても舵取りは、自分の内側でいいのです。

 「自分の意識を変えていける」という自由さがいいと思います。そのためには、1日1日を真剣に本気で生きていくことだけです。自分の内側からのナビ情報を捉えて、行動を進めていくこと。それ以上でもそれ以下でもない、シンプルなことだと思います。

★感想をいただきました。(抜粋)

答えを貰うのが当たり前になってしまっていることが怖く感じました。
一体、私は何しに生まれてきたんだろう。と、このままだと思うことになる。
他人に「私、どう生きたらいいでしょう?」とか聞いてるのっておかしすぎ!
私が主役!になってないじゃん!がっくり。。

前回の資料をもう一度見直したのですが、
もう全然わかってないしやってないし。。。溜息出ました。
1日1日真剣に生きているのか。
私を主役にすれば意識も変わる。
今から変えます!

→この後から、真剣に生きている人ならする行動をし始めたら、早速いつもと違う展開が起こり始めたようです! 変わることは、そんなに小難しいことではないのかもしれません。

□■□■□■□■□

★7月、8月のEVENTご案内ページ

◎7/20東京「Future」◎8/5大阪対面セッション◎8/6大阪「Possibilities」




0コメント

  • 1000 / 1000