焦らないことについて。

先ほど、ようやくメルマガを書きおえました。

最近、「その人の持っている価値」に着目してセッションをしています。

すると、見えてくるものが、なんか美しいものばかりで!

これはとてもいい気持ちです。



さて、与論島から帰ってきて何が変わったのか?

なんとなくそれがわかってきた気がしている今日この頃です。

そのテーマを11月のLABで研究してみようと思っています。


一つ分かったことは、焦りがなくなってきたということです。

夜12時台に寝られるようになった自分はすごい変化です。笑

いつも何かしなくちゃいけないという気持ちがあって

夜中まで何かをしていました。


でも、夜中までやる必要もあって、作業自体が慣れていないこともありましたし、

自分から出てくる言葉が強すぎるときとか遠慮しすぎるときとか、

そのさじ加減を探し続けていたのもあります。

感覚派なので、何がちょうどいいのか?体内で図っていました。

だから、遅くまでかかっていたのかもしれません。



そこが分かって、作業的に早くなれたと思います。

だから、いまこそゆっくり考えることが可能になったのかもしれません。

ゆっくり考えれば、自分の内側の穏やかなところから

言葉が書けるということに気付き始めました



また、焦っている時の決断と穏やかな時の決断。

そこの違いがわかってきました。

そうすると、人生の流れがみえやすくなるんでしょうかね。



 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

焦りについてどう考えていますか?

0コメント

  • 1000 / 1000