3月13日(日)に『ひとみずむ3』授賞式&発表会 予定しています!

昨日、『ひとみずむ3』を書くクライアントさんが、

書くにあたって、私の思いを聞いてみたい!ということで

インタビューをしてくれたのです。


外資系秘書をされていたり、本の監修もしたこともある方なので

すごいインタビューがうまくて、わたしも気付いていなかったことに

気付く時間をいただきました。

Nさん、ありがとうございました。


今回は、何を伝えたいのか?

ということに関して、明確になっていきました。



1,2に関して思いみたいなものがありました。

①は、コーチングセッションってこんなやり取りしているんですよ。
ということを知ってほしかった。

②は、セッションを通して、どんなことが変化になったのか知ってほしかった。


と、どちらかというと、知ってもらいたい。

みたいな思いが強かった気がしています。

だから、さまざまな人がいて、さまざまなセッションがあって

さまざまな変化があった・・・ことをお見せできたのではないかと思っています。




そう考えてみると、③は、全然違います。

今度は、さまざまな話 が 実は同じ話なのです。

以前まではそれが何であったか?

私も無意識のレベルでしかわかっていませんでした。


今回、全話を通して同じなのは、「自分に気づく」ことです。

「自分に気づくための16のカギ」をお渡しできそうです。



あと、番外編ですが、

たとえば、TさんとIさん人が同じ所にい合わせたり、

IさんとAさんが協力してあることをしていたり、

Kさんが、Oさんのひとみずむを読んで、コーチングを申し込もうと思った

とか、クライアントさん同士、接点があるところもあるので、

人物相関図的な伏線もいろいろとできそうなのです。



だから、いままではバラバラな感じがあったところが

全部読んだら、自分に気づくドアを開けることができる。

みたいな感じにできたらいいなぁって思っています。



あと、先ほどクライアントさんと思いついたのですが、

3月13日(日)に『ひとみずむ3』授賞式&発表会を行おうかと思います。

『ひとみずむ』読者の方と書いたクライアントさん、制作担当の人たちなど

みんなで集まれたらいいなぁって思っています!

なので、3月13日に来られる方は、空けておいてください!

御食事代の会費制にしたいと思っています!


では、引き続きがんばりますね!

0コメント

  • 1000 / 1000