業務をスムーズにするにはどうしたらいいのか?(感覚派編)

人材派遣会社で働くKさんから、色々なビジネススキルについて

どうやっているんですか?と聞かれることがあります。

今日は、「業務をスムーズにしたい」というテーマです。

お話を聞いていると、許容範囲内で終わっているが

もっとスムーズにならないかということでした。



タスク管理として、TO DOリストを書いているそうでした。

手帳は、カバンが重くなるようなやや分厚いもだそうでした。

「堀口さんはどうやっているのですか?」と聞かれました。



私の手帳は、A5サイズで超うすいです。

コーチングの予約が書いてあるくらいです。

つまり、TODOリストを作成している時間があったら

すぐに取り組んでいます。


ということで、紙にTODOリストを作成しないで

感覚のなかにTODOリストを作成する方法を伝授しました。


□■□■□■□■□

【感覚派におすすめのTODO管理 5カ条】

①やろうかな と思ったものから集中していく。
・手帳にプランニングを書いている時間がもったいないこともある。
・感覚に身を任せる
・薄い手帳(見開きマンスリー)

②メモの仕方
・写真を撮る
・重要な話になりそうな時はボイスレコーダーを使う。
・移動中に聞く。


③罪悪感をなくす
Aをやりながら、Bをまだやっていない・・・という罪悪感を持つ必要はない。
Bのことは、考えない。
今日はどこまでできるかな?と挑戦する気持ちを持つとやる気アップ!


④日々のアウトプットで潜在意識に放り込む。
1回1回やったことはアウトプットしておく。
(これは、面倒でもやっておく習慣をつける)


⑤ひな形や構成を考えるヒントになるようなものは日々収集しておく。


□■□■□■□■□


仕事を早くするポイントとしては、

④、⑤がかなり重要な気がします。

つまり、日々の積み重ねということです。


私が、毎回コーチングのセッションフィードバックシートを

送らない5年を過ごしてきたらどうだったのか?

と想像するだけで、ちょっと怖いです。笑


毎回セッションを10分振り返り、それをタイピングして

送るという作業があるからこそ、スキルアップしているのです。

そして、特に忘れたくないものに関しては、ブログで再度アウトプットしています。



ちょっと面倒くさいけど、少しの時間でできることの継続。

近道はこれしかないと思っています。


 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

振り返りの習慣は何をしていますか?


0コメント

  • 1000 / 1000