Q.7月。どんな人生を歩みたいですか?| What life do you want?

 私のコーチが言った。「質問は、忘れていたことを思い出してもらうためにする」と。
My coach once said, “I ask clients questions to remind them of what they have forgotten.”
 

 ヨガのインストラクターのポーズを見たからといって、いきなりそのポーズができるのかというと、そうでもないものです。一方、良いヨガインストラクターは、そのポーズがとれるように、手前のポーズを挟んでいくのです。そうするれば、ポーズの完成形に近づけることができます。 

 Just because you see the yoga positions of an instructor, it doesn't always mean you can do yoga. On the other hand, a good yoga instructor shows some positions before the final position and then you can approach completion. 
 コーチングの質問も同じです、コーチの導きによって、だんだんとあなたの答えが形になっていくのです。もし、いきなり「どんな人生を歩みたいですか?」と問われても、答えるのは難しいでしょう。しかし最初の質問が、「子供の頃にどんな人に影響を受けてきたのか?」「過去の原体験は何か?」と問われれば、体験したことがあるから答えやすいものです。

 I think coaching questions are the same. Your answer is starting to take shape the by the coach’s guidance. If I ask you, “What life do you want? “as the first question, it would be difficult to answer. But the first question is, “When you were a child, who inspired you?” “What are your formative experiences?” These things you experienced before so you can answer easily.

 それから、「あなたの人生においてのローモデルは?」と質問をしていきます。その幾人かのローモデルを自分と重ね合わせながら、自分がどうあるか? 何ができるのか? を考えてもらいます。そうすると、自分の未来予測も可能になっていきます。やがて「どんな人生を歩みたいですか?」の問いにたどり着くのです。この質問の答えが宇宙へのオーダーとなるでしょう。

 And then I will ask you “Who are your role models in life? “ Seeing them and what they do reminds you of what you can be and what you can do, so you can imagine your future now. Then you reach this question “ What life do you want? “ Your answer will be sent to the universe as your order.  


0コメント

  • 1000 / 1000