★自分をなくして人の話を聴く | Listen to someone without me.

 人間の脳は、素晴らしい器官です。しかし、2つの能力を同時に実行することは簡単ではありません。  
 The human brain is an incredible organ but doing two incredible things at the same time ain‘t a piece of cake.  
 


 6月より、マンツーマンのライフコーチトレーニングプログラムを始めました。現在二人の生徒さんがいます。二人は「話すよりも聴く機会が多いので、もっと人の話を聴けるようになりたい」と言います。そこで、私は深い質問をします。すると、なぜよい聴き手になりたいのか理由が明確になり、傾聴を勉強する強い動機付けになるのです。

 I started a one-to-one life coach training program from June. I have two students now. They say “I usually listen to someone rather than speaking. So, I want to be a better listener.” And I asked some deep questions. And they recognized the reason they want to be a good listener. That provided a strong motivation for studying active listening.  

 さて、初めてのレッスンで「自分の傾聴は10点満点中何点?」と質問をしました。彼女は「6点」と答えました。1時間くらいは、ただ聴くことはできているようです。しかし、その先は2通りありました。1つは、自分と関連した経験なら、相手の視点を変えることができる。一方で、自分が同じような経験をしたことがない場合、一般的なアドバイスとなり、相手も行動に移さなかったようです。そして「またそのアドバイスか」と相手も思ったかもしれません。

 Anyway, in the first lesson I asked my student “On a scale of 1 to 10, how good is your listening skill?” She said, “My listening skill is a 6.”  When she wants to be she can be all ears for a hour. But there are two patterns. The first one is that she can change her friend’s perspective because she has relevant experience. On the other hand, when she hasn't experienced something similar she gives ordinary advice, but her friend didn’t follow it. I thought it's because her friend has already heard that advice.  

 一見、良い聴き手に見えていたでしょうが、何かアドバイスを言おうと思って、自分の過去の同じような体験を探そうとしていました。私が思うに、それでは話を聴けていないということです。我々の脳は、聴くと話すことを同時にできないのです、もし私がそれをやろうとするとき、相手の話をほとんど聴けていないのです。  

 Apparently, she was a good listener she tried to give some advice and search for her own similar experiences at the same time. So I’d say she didn’t listen. Our mind can’t listen and search at the same time. If I do that, I hardly listen to the other person in the conversation. 
 
 では、どうしたらいいでしょうか? たいてい共感しようとしたり、どんな気持ちか理解しようとするでしょう。しかし、人はみな違うはずです。つまりすべきことは、相手の話の内容を理解することなのです。相手は話しているので、こちらの話を聴く余地がありません。適時、相手の話をまとめたりすることが大事なことです。そうすると、相手は話を聴いてもらえていると感じるのです。
 So what should we do?  Sometimes we try to empathize with someone, we try to understand how they feel. But we are different in many cases. So the thing we should do is understand what they say. They are talking so they don’t listen to you. Sometimes we should try mentally paraphrasing important points. Then they will feel like you are a good listener.  

 相手に共感しようと試みるとき、自我が入ります。傾聴しているときには、「私も!」は、避けるべきなのです。「共感的理解」が良い聞き手の鍵です。そして、まさにそのときが、あなたの器が広がるときなのです。  
 When we try to empathize with someone, there is always “me”. We should get rid of the ”me too” while we are all ears. Understanding empathy is key to being a good listener. And finally then can you broaden your horizons.


0コメント

  • 1000 / 1000