本当の自分の内側の答えが見つかるときの衝撃を体験するとき。

 アパレル店長のころ、「HPをつくりたい」と本当の自分の内側の答えを聴いてしまった私がいました。2003年晩秋のことでしたので、まだ個人で発信をしているひとは少ない頃でした。

 何かセールスアクションをするとしたら、既存のやり方ではなく、新しいことをしたいと考えていたのです。知人のスケールの大きな質問から、私は自分の答えを見つけました。そもそも、「新しいことをしなくちゃ」と思考するようになった伏線もありました。

 アパレルに入ったばかりのころ、セールスアップのための方法を教えてくれない会社に不満を持っていました。だからこそ、マニュアルがしっかりしていた会社の私が採用されたのだと思っていたくらいです。

 しかしある日、行き詰まる私が社長や取締役から言われた言葉は、ハンマーで頭を殴られるほどの衝撃でした。教えてもらおうとしていた私に、「自分の頭で考えなさい」ということだったのです。

 自分の頭で考えていたつもりでしたが、そうじゃないというのです。どうしたらいいのでしょうか?

 その日から、私がフォーカスするところが、次第に「自分の内側」になったのだと思います。ノウハウ書は捨て、アパレルの経験がない私の頭で、店のセールスを上げるための手段を考え始めたのです。

 毎日自分に問いかけたり、周りの人に問いかけられたりしながら、だんだんと焦点があってきたのでしょうか。ある日の知人のスケールの大きな質問で、遂に雷に打たれるような衝撃の「自分の答え」が! 

 本当の自分の内側の答え聴いてしまって、会社に許可も得ず、衝動的にスタートさせてしまったのです。それくらいの衝撃のものに出逢えるような問いかけとは? それを直接Eventの中でみなさんの内側に問いかけていくというのが、「9.14 Launch-はじまり-」です。

9.14 EVENT 『Launch-はじまり-』 Don't miss it!





0コメント

  • 1000 / 1000