アタマとココロとカラダで理解してもらうまでの話のさせ方について。

昨日、大阪対面コーチングでした。

3人目の20代の女性よりご感想をいただきました。

内容のご感想というよりも、体験した感想であったので、

引用させていただき、ただいまセミナー前なので、

見返すつもりで、自分のコーチングについて分析することにしてみます。



コーチングに興味のある方にとって、

相手が話しやすくなる聞き方とか、スタンスについて、

分かりやすい説明ができればいいのですが・・・

トライしてみますね。


私の解説は、感想の中に組み入れていきます。

.............................................................


堀口さんへ

ありがとうございます!
カラダの代謝まで良くなるコーチングでした!

あぁ、これか!
堀口さんのコーチング!
みなさんが驚くのは、アタマとココロとカラダの全てに効く
コーチングだからか!と思いました。

堀口さんは、ありのままでした。全て私から自然と話していました。
私は、割と早い段階で答えが見つかって、アタマで分かったものの
すんなり受け止められず。そのまま話していました。
同じテーマを同じように話しているのに、
自然と答えがココロに落ち着いて、カラダが軽くなりました。
目もすっきりしました。



* * * * *


【解説1】アタマとココロとカラダで理解してもらうには?

まず、頭で理解していただくために、Uさんの悩みが解決できる捉え方が

分かった時に、図を使って、悩みのからくりを説明しました。

その時点で、「頭でわかった」になります。


そこから、そもそもそういう考え方の習慣になった理由が

子供の頃の体験の中にあったので、つながりそうなところを

自ら話してもらいました。

このあたりで「心でわかった」になってきました。


* * * * *

でもそれだけで終わりませんでした!

一旦時間を切ったあと、堀口さんは気付いていたのか何なのか、
しばらくそのままでいてくれました。

私はもう少し、話したかった事を話しました。
それだけでも嬉しいのに、堀口さんは、答えのおさらいをしてくれました。

そしたら!
明日から本当に出来そうな気がして!

「出来そうな気がしてきました!」の皆さんの声と自分の声が映像で見えて、
面白くて笑っちゃいました!カラダがポカポカしました(笑)


ブログで皆さんが感じる驚きを私も体感しました。
皆さんの感想にも納得!ニヤリです!



【解説2】「出来そうな気がしてきました」に至るまでの流れは?

Uさんが、「出来そうな気がしました」と発した時、

HPの感想に一番多かった言葉が、「出来そうな気がしました」だったので

そのセリフを自分も言ってしまったことに、こそばゆい(笑)と言っていました。


割と納得できてきた段階でしたが、人って何度もまた話したくなるのです。

だから、話しが終わるまで聞いていようと思っていました。


あと、もう少し話したそうという気持ちをどこで理解したのかというと、

冒頭での悩み相談のもう一つのほうについて、触れていなかったので、

最後にそこについても話のテーマにしてみようかなと思ったのです。

私自身が気になっていたのもありますね。

おそらく、すっきりと理解したうえで、もうひとつの悩みについて話せば

きっとつながりがあるから、そちらもすぐに解決しそうな気がしていました。

そして、最後に今日のまとめを図を使って説明して終わりです。


* * * * *


答えも実はシンプルで、深いです。
ネガティブもポジティブも栄養ですね。
そしたら、ネガティブも笑えちゃいます☆

本当に感謝です!
明日から、質問いっぱいします!

…楽しみです(笑)

ディナーもご一緒出来て、とても贅沢な時間でした。
本当に有り難うございます!またご報告します!

.............................................................

ご感想ありがとうございました!



最後にこのセッションの流れをフローで分析してみると。


1.悩みを聞く

2.悩みのからくりを一緒に解いていく

3.ご本人が納得するところまで、話をしてもらう。



悩みのからくりについては、

私の中でたくさんのコーチングの事例があるので

そこから出てくることが多いです。

これは、経験があるほど早いうちに気づきます。

経験が少なかったときは、悩みのからくりに気づくのに

もう少し時間を使っていたと思います。


そこに気づければ、あとはご自身がずっとお話をされている

パターンが多いです。

ひとは、自分で気づきたいからですね。

私は、ずっと話を聞いているだけです。



以上です。

しかし、これだけでは、解説不足な気がしますね。

言語化がいまいちうまくないので、今鍛えている最中です。

今日のライブセッションでもう少し気づければいいのですが。笑

0コメント

  • 1000 / 1000