すごい自分にならないといけないのか?

先ほど、30歳の女性の方の対面セッションでした。

これからのビジョンが見えていなくて、なんだか燃え尽きを感じるとのことで

自分でいろいろとノートに書きだしてみたそうなのですが、

全然わからなくなって、今こそコーチングを受けてみたらどうか?と言われて

今日来たとおっしゃっていました。


私のことは1年前から知っていて、いつか会いたいと思っていて

そのタイミングを見計らっていたようでした。


ノートには、ポストイットが沢山貼ってありました。

きれいな文字で、色々と書いてあるのが見えました。


ヘアスタイルが、金井さんが切ったボブだなぁってわかりました。

別に聞かなかったのですが、最後に「金井さんのところへ3か月前から

行き始めたんですよ」とおっしゃっていました。



セッションのテーマは、「これからのビジョンを見つける」です。

お話を聞いてみると、自分がこうしたい!と思った目的を持っていると

寝る時間も関係なくすごく打ちこんで進んでいけるタイプのようでした。



仕事のほうも、毎回しっかりとこなしてやられているそうでしたが、

最近、大きな仕事が終わったときに、「これからどうするのだろうか?」と

ふと我に返って、自分自身のビジョンがないことに気づいたのだそうです。

そうしたら、仕事へ行くのもあまり楽しくない毎日になってしまったとか。



セッションをしていて、途中私の発言からガラッと変わった瞬間がありました。

「私は、お客様のこと、友達と思っているから、
会社で仕事をしてた時も、一緒にお茶を飲んだり、旅行へ行ったり、
演奏を聴きに行ったり、仲の良いお客様が沢山いましたよ。
そうやって仲が良かったから、独立しても、今度はセミナーのほうにも
来てくれるようになって、独立した当初は、アパレル時代の顧客様に
ずいぶん支えられましたから!」


「ええええーーーーーーーーーーーー!!!お客様はお客様としての
接し方でしか接したことがありませんでした。
もっと素の自分で接することができたらもっと楽になりそうですね」


それから、クライアントさんが考えていたことは、

私と180度違う視点だったことが沢山出てきて、

目からうろこが落ちまくっていました。


私の考え方は、「こうしなくちゃいけない」というのが

あまりないものでした。



「初対面の人たちがいるところへ行くのは苦手、

アピールをしなくてはいけないから」・・・と言っていました。

それに対しても、「アピールしなくてもいいんです」と言いました。

私も何か集まりがあったときに、自分が惹かれた人がいたら

その方のところへ行くくらいですから。

だから実は滅多にそういうことってないので、

自分から行く場合は、よほど気になったときということです。

でも、その嗅覚結構当たるので。笑



あと、私がコーチと専門的なことを教えてもらう人がいるですが、

そのことに関してもびっくりしていました。

私が、なんでもひとりでできる人だと思っていたそうなのです。驚


とんでもない!!!

周りの力を借りないと生きていけません!

自分ができないことが沢山あっていいのです。

店長時代は、ディスプレーが最後までできませんでした。



目標はあるのですか?と聞かれました。

「目標を決めるとそこまでしか行かないから、あまり決めないようにしています」

と言いました。

目の前の「面白そう!」とか「挑戦してみたいなぁ」ということに

取り組んで、それがどうなっちゃうんだろう?って楽しむことにしています。



「すごい自分にならないといけない」と思っていたそうなのですが、

今日のセッションを通して、「素の自分でいいし、そのままでいいんだ!」

とご自身で気付かれていました。



私の考え方ですが、自分自身も振り返ってみると、

たいてい予期しない結果以上のことを生み出している時の

最初の着想は「面白そうだからやってみたい!」という出所から

来ていることが多いと思っています。


ビジネスをしていると、これを生み出すためにこれをする。

みたいなことを考えがちで、小さくなっている自分に気づくときもあります。

そして、そういうときは、ものすごく焦りますね。


それは、自分の生計がかかっているから、その考えに陥りがちになるのですが、

考えてみるとサラリーマン時代のほうが、会社の中にいて守られていたから

なんか、もっと自由な発想だったなぁって思うのです。笑


独立して5年目になって、ようやく久々にその安心感が戻ってきているので、

これからは自分らしい、もっと自由な発想を増やしていけるなぁと

これからの自分の人生を楽しみにしています。



「これをやってみたい!」

その1歩からいろいろなことが起こって、

気付いたら一本の道になっているものです。



 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

こうしなくちゃいけない!と思っていることを挙げてみよう。

Tweet

0コメント

  • 1000 / 1000