何を見た時でも自分の内側に気づける能力を磨く。

先ほど、セミナー特典の30分セッションをしました。

Mさんは、仕事が忙しすぎて自分のやりたいことができないと言っていました。

コーチングの勉強も以前にしていたとこもあって、

時間があったら、コーチングをしてスキルを上げていきたいそうです。

でも、今は仕事が遅くなったりして、そのような時間を設けることも難しく

なっているようでした。



「コーチングの勉強を自分でもできないか?」

というテーマで考えていくことにしました。

「本を読むとか・・・」とクライアントさん。



私が思うのは、セルフコーチング力を日々磨くことだと思います。

コーチングはしてあげるのではなく、相手の中にあるものを見つける手伝い

なので、相手が人でない時も、そのものから何かメッセージを受け取れる訓練

を日々積むということです。



つまり、「何を見た時でも自分の内側に気づける能力」が高い人が

コーチングもうまいのではないかと思うのです。



最近特に思うことが、

私が、相手の話から感じたことを伝えることが発端となって

相手自身の中でどんどんつながりを見せて

相手がその人自身の内側に自分で気付いていけるという

流れになっているということです。


だから、もしかして私の毎日は、

いわば、『西の魔女が死んだ』のような、

魔女修行だったりもするのではないかと思うのです。笑




こんな話をクライアントさんにしていたら、

昔、「Sちゃんのポケット」というフリーペーパーを

自分で作って配布したことがあったと言っていました。

とてもいいネーミングです!

自分のポケットにいっぱい宝物を詰めるこどものイメージなんだそうです。




そのネーミングでブログを開設して、

自分のポケットを日々満たしていくことをしていく!と決まりました。




毎日の生活の中で起こる、色々な出来事の中に自分を深めたり、

自分の内面に気づくためのヒントがあって

要は、それに気づくかどうかです。

いっぱい見つかるといいですね!



 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

昨日の出来事からどんなメッセージを受け取りましたか?

0コメント

  • 1000 / 1000