葛藤しているときの向き合い方についての考察。 

 あるクライアントさんから、誘いを断るか、断らないか、葛藤をしているので、そんなとき、どんな見解をして選択していけばいいか? メールを頂きました。

□■□■□■□■□

▽クライアントさん

知人から、ある会合の誘いがきました。
その人とは、前日も会うので、誘われたけど、でも…、と思ってしまいました。
知人は、人と会うのが好きで、私は真逆の立場にいるのですが…。

そのときはノリで「いいよー」と言ってしまったのですが、
この流れには乗るべきなのでしょうか?
個人的には、今抱えている仕事をこなした方が、はるかに有益なのですが。
堀口さんの見解など、もしよかったらお聞かせ頂けると嬉しいです。

□■□■□■□■□

▽私の返信

迷ったときは、誘われたときの感情を味わってみてから、
自分が心地よい方を選ぶとよいです。

□■□■□■□■□

▽クライアントさん

冷静に考えると「時間もったいないよなー」と一瞬は考えたのですが、
誘われた瞬間は「いい機会だし行ってみるか」だったので、
このまま行くことにします、一日つぶれるわけではないですし。

□■□■□■□■□


 こういった葛藤は、私も身に覚えがあります。何かが邪魔して、行ったらいいのに、断ろうとしている自分がいる。そして、スケジュール帳を見ると、やはり平気だったりして…。

 こういうときは、ニュートラルに考えてみればいいのです。反射的に「ヤダ」と思ったから断るというよりも、「何で、断ろうとしているの?」と、抵抗している自分に聴いてみるのです。

 今、クライアントさんに、コーチングで変化したストーリーを書いて頂いていますが、あるクライアントさんは、現実の問題と葛藤をしているシーンが多くあります。

 その中の1つの葛藤です。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 2012年春、今度は、別の知り合いから、仕事の依頼を頂いた。やりたいと思っていたので驚いた。単発の仕事なので、副業でもできる仕事だった。

 話を聞くと、飛行機で出張するほど遠く、結構大がかりなものだった。
簡単だったら、即答だったのに…と残念に感じながら、「本業が忙しくて、休めるか分からないです…」と断った。

 しかし、手帳を見ると、明日から3連休をもらっている。
なぜ、すぐに断ったのだろうか? しかも、日程調節ができるかもしれない。

 少しして、「やっぱり検討します。詳細資料を見てから返答してもいいですか?」と反射的に連絡していた。

 でも、届いた資料を見ながら不安が襲ってきて、どうしようか…と固まった。期待に答えられるかな…。迷惑がかかったらどうしよう…。なんだか自分を信じていないな。

 今までなら、不安で断っているが、今回はまず、正直な気持ちをメールした。
「やりたい気持ちはあるのですが、期待に答えられるか不安です」と。
すると、「それでは、受けてくださるということでよろしいでしょうか?」と返事がきた。

 自分の気持ちを伝えて相談してみることが、こういうことなのかと腑に落ちた瞬間だった。私の中では、断るか、受けるか、の2択しか用意がなかったので、相談してみるという発想がなかったのだ。自分を恐怖に追い詰めている思考が一つ見えた。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 どうでしょうか。
 クライアントさんは、資料などを取り寄せてから、やっぱり正直な気持ちに立ち戻ってみて、相手に相談することで、決断できたようでした。

 決断の結果、「自分ができる精いっぱいのことをやりつくせばいい」と思え、今まで感じたことのない感触を得たれたようでした。


 私は、こんな迷い方をしたことがありました。

 私は、32歳までひとり旅をしたことがなくて、いつも誰かを誘わないといけないと思うくらい、旅行は2人以上で行くことが多い人でした。
 なぜ、2人で行くのか? そんな理由は考えたことがなかったのですが、独立をして、自由な時間が多くなってくると、すぐ行きたいに応えるには、「ひとり」の選択を余儀なくされました。

 私のコーチに「ひとり旅は?」と言われました。そのとき、「1人は、寂しいし、苦手なんです」と答えました。続けて、「1人で行ってくれば?」と背中を押されました。
 そう言われてしまうと、意地になり(笑)行ってきましたが、今思えば、自分の「寂しい」と感じる感情を十分に味わう必要があったのだと、振り返ります。
 その旅では、1人の夕食が寂しすぎて、涙が出てきたくらいです。今思うと、笑えてしまいますが。(笑)やはり、1人になることが、自分に必要だったようです。

 それから4年後、逆のパターンを体験することになりました。面白い流れです。
 ある場所へ、1人で行こうかなと考えているときに、知人から連絡が来て、「一緒に行きませんか?」と誘われました。1人で行こうと思っているのだから、断ろうと一瞬思いましたが、折角誘って下さっているのに、断るのも変だなと思って、何故、そう思うのか? 自分の心に聴いてみました。

 すると、出てきたのは、「1人でも行きたいと思っているけれど、2人で行くバージョンも、違って面白いかもしれない。それに、最近、閉鎖的にしているので、そろそろ出てきなさいというメッセージかもしれない」という答えでした。

 結果的に、2人で行くことでの面白さがたくさん見つかり、本当によかったのです。
 以前の2人のときと、1人旅を沢山体験した後の私では、2人でいるときの楽しさに断然違いがあることを感じました。
 まるで、奥座敷に入り込んでしまった私を、知人がやさしく手を差し伸べてくれたのではないかと思うくらい、必然の出来事だったと思えています。

 
 つまり、断る理由、断らない理由、今、それが起きているのは、何かメッセージでもあるのだろうか? と、色々と考えてみて、心にしっくりくる方を決めてみたらいいのだと思います。
 
 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

最近、乗り越えられたことはなんですか?

0コメント

  • 1000 / 1000